歯周病になってしまったら・・・歯周病の治療法 vol.3

不十分な歯みがきや日々の生活習慣、糖尿病などの全身疾患によってもかかりやすい歯周病。歯周病という病気について、またその予防方法について【第1回】【第2回】 で見てきました。

【第3回】の今回は、歯周病になってしまった際の治療法についてお話します。

歯周病の基本の治療とは?

歯周病の進行状況やそれぞれの口の中の状態によって行われる治療は異なりますが、ここでは一般的な歯周病治療を紹介します。

1.歯みがき指導

歯ブラシの選び方や持ち方、毛先の当て方、力の入れ具合などの指導を受けます。
歯の汚れを赤く染め出した上で、歯みがき不足の部分を確認することもあります。

2.プラーク(歯垢)、歯石の除去

歯周病で歯医者さんに行くと進行具合に関わらず行われるのが、歯周病の主な原因であるプラーク(歯垢)や歯石を取り除くことです。
セルフケアで取り除けないそれらを、専用の器具などを使って除去します。

3.噛み合わせの調整

噛み合わせが悪いと歯肉にさらに負担がかかり、炎症が治らなかったりするため、歯を削るなどして噛み合わせの調整を行います。歯周病が進んで歯がぐらぐらしている場合には、歯科用の接着剤で固定するなどの治療がされることもあります。

4.不適合な治療のやり直し

過去に虫歯治療などをした歯の状態が良くないと、すき間に細菌が溜まって歯周病が治りづらくなったり、再発の可能性が高まるため、それらをやり直すことがあります。

5.抜歯

歯周病がかなり進行して、そのままにしておくと歯や歯肉にまで悪影響を及ぼす場合には、抜歯をすることもあります。

※その他、歯周病が進んで歯周ポケットが改善しない場合に、外科的に歯周ポケットを減少させたり、部分的に失われた骨を再生させる手術(再生療法)などの特殊な治療が行われる場合もあります。

また歯周病は糖尿病などの全身疾患とも深い関わりがあるので、そのような病気がある場合には、服薬状況などを確認したり、内科と連携して治療が進められます。

これらの治療により、歯周組織が改善し、歯周ポケットの深さが2~3mmに維持できるようになれば一旦治療は終了し、定期健診に移っていきます。

歯周病は気づきにくい病気。日頃のケアと定期健診が重要

歯周病は初期の段階では、痛みや腫れなどの自覚症状に乏しく、気付いたときには進行してしまっているケースも多く見られます。
毎日しっかりと歯みがきを行うことでプラークが溜まらないようにすることに加え、気になる症状がなくても、定期的に歯科医院で検診を受けるようにしましょう。

また一度治療が完了しても、歯周病は再発しやすいため、その後の検診は欠かせません。
歯医者さんの指示に従い、3~6か月に1度程度は再診を受けることをおすすめします。

注目記事

記事一覧
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑でサラナ」
健康道場「緑でサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

突然ですが、問題です。

日本人で糖尿病の可能性がある人はどのくらいいるでしょう?
1. 6人にひとり
2. 9人にひとり
3. 13人にひとり

>> 正解はこちら

記事ランキング

カテゴリ一覧

毎週届く 糖尿病関連ニュースレター便利な糖尿病サポートツールもご利用いただけます 糖尿病適応度チェック 16問の質問に答えて、あなたと糖尿病の関係を確認してみませんか?

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病の症状

記事一覧を見る

糖尿病コラム

記事一覧を見る

糖尿病最新情報

記事一覧を見る

糖尿病セルフチェック

記事一覧を見る
予防 体験談 原因 検査 糖尿病 血糖