糖尿病コラム

歯周病とは?~歯周病と糖尿病の関係~Vol.1

歯周病と糖尿病。
一見あまり関係のない病気のように思いますが、実はこの2つの病気には相互作用があり、互いに悪影響を及ぼしてしまうという深い関係があります。


ここでは3回にわたって、糖尿病患者さんがかかりやすい歯周病について見ていきたいと思います。
第1回の今回は、まず歯周病という病気について徹底解明していきましょう。


歯周病ってどんな病気?~成人の8割が歯周病?!~

歯周病は、細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患です。
口の中には300~500億もの細菌がいると言われ、健康な状態であれば問題はないのですが、プラーク(歯垢)が増えることなどにより歯周病菌が増殖すると、それが歯茎に侵入して炎症を起こし、組織を破壊していきます。
炎症部分は赤くなったり腫れたりしますが、特に痛みなどは起こらず自覚症状のないまま進行していくため、重症化してしまうケースも多くあります。


平成23年度の厚生労働省の調べによると、歯周病にかかっている人は、なんと成人の約8割と言われています。
また歯を失う原因は、虫歯よりも歯周病がトップの原因となっています。


「サイレント・ディジーズ」である歯周病の進行過程

歯周病は別名「サイレント・ディジーズ」(静かに進行する病気)とも呼ばれ、痛みや腫れの症状すらも末期になってからしか現れません。
歯周病は進行過程によって、「歯肉炎」→「歯周炎」と呼ばれることもあります。


歯肉炎・・・歯肉が赤くなり、歯みがきをすると出血するようになります。さらに、腫れた歯肉と歯の間にプラークが溜まって悪化していきます。

歯周炎・・・歯肉が赤紫色になって退縮し、少しの刺激でも血や膿が出ます。歯周ポケット(歯と歯肉の境い目)が深くなり、歯茎が下がってきて歯根が露出されるため歯が長く見える状態になり、次第に歯がぐらぐらしてきます。酷い口臭が発生するケースも多くあります。そのままにしておくと歯が抜け落ちてしまいます。


歯周病の原因は?~歯周病は生活習慣病の一つ~

歯周病を引き起こす原因は、単に歯みがきが不十分であることや、噛みあわせの問題だけではなく、生活習慣も大きく関わっています。


○歯周病の原因、進行させる要因
  • 歯みがき不足
    (プラークが溜まり、細菌が繁殖しやすくなる)

  • かみ合わせが悪いことや不適合な義歯など
    (プラークが溜まり、細菌が繁殖しやすくなる)

  • 喫煙
    (タバコの有害物質が口の中の粘膜・歯肉から侵入し歯周病リスクを高める)

  • 疲労やストレス
    (免疫力が低下し、細菌の抵抗力が弱まる)

  • よく噛まずに食べたり、間食が多い
    (唾液が分泌されず細菌が増殖しやすくなる、プラークを作りやすくなる)

  • 糖尿病、骨粗鬆症、ホルモン異常などの全身疾患
    (互いの病気の進行に悪影響を及ぼす)

特に糖尿病では、歯周病は起こりやすい合併症の一つです。
血糖コントロールの不良が歯周病を増悪させ、また逆に歯周病が悪化するとインスリン抵抗性が上がり糖尿病も悪化してしまうということが分かっており(参考:糖尿病治療ガイドp.84)、この2つの病気には密接な関係があるのです。


また、糖尿病は代表的な生活習慣病ですが、歯周病もその原因が生活習慣にも大きく関わっているため、生活習慣病の一つと考えられています。


次回は歯周病の予防方法について詳しく見ていきます。

PR注目記事

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑のサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

突然ですが、問題です。

日本人で糖尿病の可能性がある人はどのくらいいるでしょう?
1. 6人にひとり
2. 9人にひとり
3. 13人にひとり

新着糖尿病レシピ

中華風豆乳鍋

198kcal

5.7g

1g

さつまいものごま団子

99.9kcal

1.5g

0.05g

その他の記事

男性糖尿病患者さんは高確率で経験。EDと糖尿病の関係は?

男性特有の病気であるED(勃起障害)は血糖コントロールと関係しており、男性の糖尿病患者さんは特にリスクが高いと考えられています。 NIDDK(米国国立糖尿病・消化器・腎疾患研究所)が行った調査で ...

乾燥シーズンの到来! 糖尿病と皮膚トラブルの関係は?

空気が乾燥する冬は、暖房器具などの影響も加わり皮膚が乾燥しやすいシーズンです。特に糖尿病患者さんの場合皮膚が乾燥しやすく、皮膚トラブルを起こしやすいので注意が必要だといえます。 今回は、糖尿病と ...

糖尿病が危険因子!? 糖尿病とすい臓がんの深い関係

日本人の死亡原因第1位であるがんは、糖尿病患者さんに限らず注意が必要な疾患です。なかでもすい臓がんは自覚症状が現れにくく、早期の発見が難しいがんだとされています。じつは、糖尿病患者さんはすい臓がんを発 ...

糖尿病はインフルエンザのリスクにも影響。予防接種で対策を

冬に流行をみせるインフルエンザは、誰にとっても注意しなければいけない症状です。特に、糖尿病患者さんの場合は、その症状のリスクが高いことが知られており、入念な予防が欠かせません。 ワクチンの予防接 ...

動脈硬化対策にウォーキング。継続するメリットとは?

糖尿病患者さんにとって、大きなリスクである動脈硬化。そのリスクを低減する生活習慣の一つがウォーキングをはじめとする有酸素運動です。   今回は、動脈硬化のリスクをおさらいしつつ、人間の脳や感覚、身 ...

命に関わるCKD。積極的なチェックで対策を

近年、CKD(慢性腎臓病)という疾病概念が新たに提唱され、この対策が急務の課題として位置づけられました。腎臓の病気が以前よりも深刻なものと考えられるようになった背景には、糖尿病の合併症である糖尿病性腎 ...

< 一覧へ戻る

Facebook始めました!レシピ集更新中!
ニュースレター登録
糖尿病とうまくつきあう

糖尿病レシピランキング

人気記事

糖尿病コラム

最新記事

PAGETOP