食材選びをお助け!糖質、脂質、アルコールに注目した「食材早見表」はこちらから

閉経後に糖尿病のリスクが高くなる?その理由と予防を紹介

更年期以降の身体の変化

エストロゲンは、女性特有の体つきをもたらすだけでなく、骨や血管、代謝などに対するさまざまな作用があります。そのため、エストロゲンが減少する更年期以降にはその作用も失われるため、病気の発症リスクが高くなります。

例えば、骨は、エストロゲンが減ってくると、骨を破壊する「破骨細胞」が活性化し、骨粗しょう症の発症リスクが高くなります。

また、エストロゲンは、血管の細胞に直接作用して保護する作用やコレステロールを低下させる作用で、動脈硬化が進行するのを抑えているため、更年期以降になると、脂質代謝異常や動脈硬化が進行しやすく、心臓や脳血管の病気が増える傾向にあります。

さらに、エストロゲンが減少するとインスリン感受性が低下してしまいます。厚生労働省の「国民栄養・健康調査」によると、女性の脂質異常症、高血圧、糖尿病、肥満は40歳頃から急激に増えており、これが原因といえるでしょう。

更年期世代は、糖尿病リスクが高まる世代ともいえるのです。

更年期障害と糖尿病

糖尿病の代表的な自覚症状としては、のどが渇いて水分を多量に飲み、尿の量や回数が多くなるほか、倦怠感、手足のしびれ、目のかすみ、空腹時にイライラする、食べてもやせるなどの症状が現れることがあります。

また、糖尿病治療中の低血糖では、頭痛、目のかすみ、空腹感、眠気などが現れます。

これらの糖尿病の症状を見てみると、先ほど挙げた更年期障害と重なるものも多々あります。そのため、50代前後の方で更年期障害に悩んでいる方の中には、糖尿病だけでなく他の病気が隠れている可能性も否定できません。

更年期障害の症状にお悩みの場合は、市販薬などで済ませたり、我慢したりせずに、主治医に相談してきちんと検査をすることをおすすめします。糖尿病でなくても、骨量の増加や動脈硬化を予防する効果も期待されています。積極的な治療を考えてみるのも良いでしょう。

また、糖尿病患者さんで更年期の方は、血糖コントロールが悪化している場合や、慢性的な低血糖状態にある可能性もあります。きちんと症状を主治医に伝え、血糖コントロールを見直してみると良いでしょう。

Photo

第1回 外食について

今回のアンケートでは糖尿病患者さんと糖尿病予備群の方に「外食」についてお聞きしました!
外食の頻度や、外食で困っていること、さらにみなさんが実践しているメニューの選び方など外食時の工夫についてもご紹介します

アンケート結果をみる

第1回 外食について

Photo

今回のアンケートでは糖尿病患者さんと糖尿病予備群の方に「外食」についてお聞きしました!
外食の頻度や、外食で困っていること、さらにみなさんが実践しているメニューの選び方など外食時の工夫についてもご紹介します

アンケート結果をみる

1 2 3 4

BannerBanner
糖尿病の放置はNG! 気をつけたい6大合併症とは?
糖尿病の放置はNG! 気をつけたい6大合併症とは?

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?

体の異変に早めに気づくためには日々の自己管理が大切ですよね。体重や血糖値、HbA1cの推移を把握しておくのも管理方法の1つだと思います。
そこで、今回のテーマはこちら!
「手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?」

このトークルームを見る

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

血糖値を下げる働きをもつホルモンは「インスリン」、では血糖値を上げる働きをもつホルモンは何でしょう?
1. ドーパミン
2. グルカゴン
3. グレリン

正解はこちら

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病の症状

記事一覧を見る

糖尿病コラム

記事一覧を見る

糖尿病最新情報

記事一覧を見る

糖尿病セルフチェック

記事一覧を見る
予防 体験談 原因 検査 糖尿病 血糖
×BannerBanner