食材選びをお助け!糖質、脂質、アルコールに注目した「食材早見表」はこちらから

【医師監修】糖尿病治療に影響をおよぼす症状。糖尿病とうつ病の関係とは?

うつ病は心身に大きな影響をおよぼす

うつ病は誰もが経験するような気もちの落ちこみとは違い、脳の機能障害が起きている状態をさします。

「気持ちが沈んでいる」「食事療法をしていないのに、食欲に差が出たり、体重が変わってしまう」「眠れなかったり、途中で目が覚めてしまったり、睡眠に不調が生じる。または、眠りすぎてしまう」「集中力や思考力が低下する」「死にたいと考えてしまう。また、自分自身を傷つける手段を考えてしまう」といった状態が常に、2週間以上も続く人は、うつ病を発症しているかもしれません。

うつ病を発症しやすい理由は、完全に明らかにされていません。ですが前の章で情報を紹介した糖尿病情報センターは、糖尿病の治療や合併症の発症・進行などによる心身の苦痛が、うつ病の発症に関わっている可能性があると説明しています。

その上で、糖尿病患者さんがうつ病に注意が必要なケースとして、次のような例をあげています。

・糖尿病と診断された時
・治療法が強化された時、特にインスリン治療の開始時
・重症の合併症を発症した時
・血糖コントロールがきわめて不良または不安定な時

こうした状況にある糖尿病患者さんは、心の問題への配慮が大切だと考えられています。

うつ病は、体の働きを調整するさまざまな機能に影響を与えます。そのため、糖尿病患者さんがうつ病になると、インスリン抵抗性が上昇する可能性があります。他にも、意欲や集中力の低下によって、糖尿病の治療に関する行動が充分に行えなくなる場合もあります。こうした影響から、うつ病は糖尿病の進行を促し、合併症が進みやすくなってしまうといわれています。

糖尿病患者さんがうつ病を併発した際は「抗うつ薬による治療」や「認知行動療法などの心理的な治療」を行い、症状の改善を目指します。今は研究によって、これらの治療をそれぞれ行った場合と、両方を併用した治療の中で、どの方法がもっとも効果があるかの検討が行われています。しかし、はっきりした結果はまだ得られていません。

心を健康な状態に保つのも、糖尿病の治療にとって非常に大事な要素の1つです。うつ病を発症している疑いがある方は、主治医や信頼できる周りの人に相談して、改善をはかりましょう。

参照・参考
うつ病 | 糖尿病情報センター
うつ病|病名から知る|こころの病気を知る|メンタルヘルス|厚生労働省

1 2 3

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?

体の異変に早めに気づくためには日々の自己管理が大切ですよね。体重や血糖値、HbA1cの推移を把握しておくのも管理方法の1つだと思います。
そこで、今回のテーマはこちら!
「手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?」

このトークルームを見る

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

血糖値を下げる働きをもつホルモンは「インスリン」、では血糖値を上げる働きをもつホルモンは何でしょう?
1. ドーパミン
2. グルカゴン
3. グレリン

正解はこちら

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病の症状

記事一覧を見る

糖尿病コラム

記事一覧を見る

糖尿病最新情報

記事一覧を見る

糖尿病セルフチェック

記事一覧を見る
予防 体験談 原因 検査 糖尿病 血糖
×BannerBanner