食材選びをお助け!糖質、脂質、アルコールに注目した「食材早見表」はこちらから

【医師監修】糖尿病ではなぜ尿に糖が出る? ~身体では何が起きているのか~

糖尿病では血糖・ヘモグロビンA1cもチェック  

しかし、本当に自分が糖尿病ではないのか心配な方もいるかと思います。
そこで、チェックしたいのが検査データです。
糖尿病は進行するまでは自覚症状が現れにくい病気なので、検査データがとても参考になります。

最新のデータが手元にある場合はチェックしてみましょう。
健康診断や採血をしばらくやっていない場合には、これを機会に一度受診して検査を受けることをおすすめします。ただし、検査会社によって、さまざまな方法で基準範囲(結果の異常の有無を判断する物差しのようなもの)が採用されているので、他社で受診したときと検査値が異なることがあります。不安な点があった場合、担当医師に詳細を尋ねましょう。

糖尿病の検査は、血糖値・尿糖・ヘモグロビンA1cの3つを中心に行われます。

①血糖値

血中のブドウ糖の量を見ますが、食事によって検査値が大きく変動するため、空腹時に採血をしてチェックします。110mg/dL未満が正常です。

また、「ブドウ糖負荷試験」という検査もあります。
これは、まず空腹時の血糖値を測定しておき、指定の量(75g)のブドウ糖水溶液を飲んだ上で、複数回に分けて血糖値の変動状態をチェックするというものです。
ブドウ糖負荷試験は「食後高血糖」の発見に役立ちます。

「食後高血糖」とは、空腹時の血糖値は問題がなくても、食後に血糖値がとても高くなるというもので、糖尿病の初期段階に現れるともいわれています。
ブドウ糖負荷試験2時間後の血糖値が200mg/dL以上の場合は糖尿病域とされます。

尿糖

尿中に糖が出ているかどうか、またどの程度出ているのかをチェックします。食事に関係なく尿中に糖が出ていないのが正常とされます。

通常、血糖値が160~180mg/dL以上になると、糖排出閾値を超えてしまい体内での再吸収ができなくなるため尿糖が出ます。

ヘモグロビンA1c

血液のヘモグロビンにグルコースが結合したもので、過去1~2か月間の平均血糖値を反映しています。
4.6%~6.2%が正常範囲です。
血糖値と異なり、採血前の食事や運動は検査データには影響しません。

尿糖が一時的なものか慢性的なものか見極めを

尿糖が指摘された場合、どうすればいいのでしょうか?
尿糖が出る原因は、問題のないものから疾患によるものまでさまざま。
尿糖が出るかどうかのカギとなる血糖値は、食事や運動などの条件によっても大きく変動します。
医師とも相談し、さまざまな条件で何度か尿糖をチェックしてみると良いでしょう。

もし尿糖が続く場合は、高血糖状態が慢性化している可能性があります。
早めに内科や内分泌科を受診して、詳しい検査をされることをおすすめします。

尿糖は身体からのシグナルかも?自分の身体に目を向けて

このように、尿糖とは、体内で再吸収しきれなかったブドウ糖が、尿中に排泄されたもので、糖尿病による高血糖のほかにも、ストレスや体調不良、妊娠による糖代謝能の低下などによっても一時的に出ることがあります。
尿に糖が出た=糖尿病、とは限りませんが、もし定期的な採血や健康診断を受けていないのであれば、これを機会に医療機関で検査を受けることをおすすめします。
糖尿病だけではなく、自分の健康状態を意識するきっかけとしてとらえましょう。

1 2 3

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?

体の異変に早めに気づくためには日々の自己管理が大切ですよね。体重や血糖値、HbA1cの推移を把握しておくのも管理方法の1つだと思います。
そこで、今回のテーマはこちら!
「手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?」

このトークルームを見る

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

血糖値を下げる働きをもつホルモンは「インスリン」、では血糖値を上げる働きをもつホルモンは何でしょう?
1. ドーパミン
2. グルカゴン
3. グレリン

正解はこちら

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病の症状

記事一覧を見る

糖尿病コラム

記事一覧を見る

糖尿病最新情報

記事一覧を見る

糖尿病セルフチェック

記事一覧を見る
予防 体験談 原因 検査 糖尿病 血糖
×BannerBanner