【医師監修】「かゆみ」の原因は糖尿病?かゆみの原因と対策は?

糖尿病といえば、口渇、多尿、視力の低下、手足のしびれなどがよく知られた症状ですが、糖尿病の症状に皮膚の「かゆみ」もあることをご存じでしょうか。

今回は、糖尿病における皮膚の「かゆみ」の原因と対策をご紹介します。

「かゆみ」で受診、糖尿病が発覚?!糖尿病患者さんは感染症にかかりやすい

糖尿病患者さんは、血流が悪くなっていたり、免疫機能が低下していることによって、肺炎、歯周病、風邪、皮膚炎などの感染症にかかりやすい状態にあります。

糖尿病におけるかゆみは、皮膚感染症によって皮膚が乾燥したり炎症を起こして現れます。かゆみは健康な人でも日常的に起こるものなので軽視しがちですが、意外にも糖尿病患者さんの症状として多いもので、「かゆみで皮膚科を受診したら糖尿病が発覚した」なんてケースもあるようです。

皮膚感染症以外にも、多尿の症状がある場合には、脱水状態になることで皮膚の乾燥が現れかゆみが生じることもあります。
また、自律神経障害がある場合には、発汗異常で汗が皮膚を刺激したり、逆にまったく汗をかかないことで皮膚が乾燥してかゆみが起こることもあります。

糖尿病患者さんは、かゆみを重症化させやすい

かゆみにまかせて皮膚を掻きむしってしまうと、傷ができて腫れや痛みへと変わり、場合によっては感染部位が壊疽してしまったり、高熱が出たりと重症化してしまうことがあります。
特に糖尿病患者さんにおいては、軽度のかゆみや傷も重症化させやすく、また感染によるダメージや傷の回復に時間がかかるため注意が必要です。

糖尿病から起こるかゆみの対策は?

糖尿病が原因となっているかゆみは、糖尿病の基本治療である「血糖コントロール」が最も重要な対策といえます。
また感染症にかかると血糖が上がりやすくなり、糖尿病と感染症の両方を悪化させやすくなるため、普段よりも注意して血糖コントロールを行う必要があります。

一時的なかゆみの対処法や予防策としては、

  • 保湿クリームやかゆみ止めを塗る
  • 汗をかいたらやさしく拭き取る
  • 毎日入浴し、皮膚を清潔に保つ
      ただし、肌を強くこすらない、お湯の温度はぬるめ、低刺激の石けんなどを使う、柔らかいタオルでふく、タオルは毎日洗濯して清潔に保つ、などに気を付けましょう。
  • 肌を晒さない服を着る
      紫外線が皮膚への刺激となってかゆみを起こすことがあります。

などがあります。皮膚の乾燥、刺激に注意しましょう。

かゆみやかさつきなど、皮膚の異常を感じたら早めに受診を

たかがかゆみと軽く見過ごしてしまいがちですが、何か体の疾患によって起こっているかゆみかもしれません。なかなか治まらない場合には医師の診察を受けましょう。

また、すでに糖尿病を患っている場合には、かゆみは注意すべき症状です。我慢して悪化させてしまうことのないよう、早めに受診することが大切です。

注目記事

記事一覧
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

【歯と口の健康週間】最近歯医者さんに、いつ行きましたか?

おいしい食事やバランスの良い食事を続けるためにも口と歯の健康が大切ですが、自分自身で異常に気づくのは難しいこともありますよね。
そこで、今回のテーマはこちら!
「最近歯医者さんに、いつ行きましたか?」

このトークルームを見る

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

血糖値を下げる働きをもつホルモンは「インスリン」、では血糖値を上げる働きをもつホルモンは何でしょう?
1. ドーパミン
2. グルカゴン
3. グレリン

正解はこちら

第7回 糖尿病川柳

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病の症状

記事一覧を見る

糖尿病コラム

記事一覧を見る

糖尿病最新情報

記事一覧を見る

糖尿病セルフチェック

記事一覧を見る
予防 体験談 原因 検査 糖尿病 血糖