糖尿病コラム

「かゆみ」の原因は糖尿病?かゆみの原因と対策は?

糖尿病といえば、やたらと喉が渇く、多尿、視力の低下、手足のしびれなどがよく知られた症状ですが、糖尿病の症状に皮膚の「かゆみ」もあることをご存じでしょうか。

今回は、糖尿病における皮膚の「かゆみ」の原因と対策をご紹介します。


「かゆみ」で受診、糖尿病が発覚?!糖尿病患者さんは感染症にかかりやすい

糖尿病患者さんは、血流が悪くなっていたり、免疫機能が低下していることによって、肺炎、歯周病、風邪、皮膚炎などの感染症にかかりやすい状態にあります。

糖尿病におけるかゆみは、皮膚感染症によって皮膚が乾燥したり炎症を起こして現れます。かゆみは健康な人でも日常的に起こるものなので軽視しがちですが、意外にも糖尿病患者さんの症状として多いもので、「かゆみで皮膚科を受診したら糖尿病が発覚した」なんてケースもあるようです。

皮膚感染症以外にも、多尿の症状がある場合には、脱水状態になることで皮膚の乾燥が現れかゆみが生じることもあります。
また、自律神経障害がある場合には、発汗異常で汗が皮膚を刺激したり、逆にまったく汗をかかないことで皮膚が乾燥してかゆみが起こることもあります。


糖尿病患者さんは、かゆみを重症化させやすい

かゆみにまかせて皮膚を掻きむしってしまうと、傷ができて腫れや痛みへと変わり、場合によっては感染部位が壊疽してしまったり、高熱が出たりと重症化してしまうことがあります。
特に糖尿病患者さんにおいては、軽度のかゆみや傷も重症化させやすく、また感染によるダメージや傷の回復に時間がかかるため注意が必要です。


糖尿病から起こるかゆみの対策は?

糖尿病が原因となっているかゆみは、糖尿病の基本治療である「血糖コントロール」が最も重要な対策といえます。
また感染症にかかると血糖が上がりやすくなり、糖尿病と感染症の両方を悪化させやすくなるため、普段よりも注意して血糖コントロールを行う必要があります。


一時的なかゆみの対処法や予防策としては、


  • 保湿クリームやかゆみ止めを塗る
  • 汗をかいたらやさしく拭き取る
  • 毎日入浴し、皮膚を清潔に保つ
      ただし、肌を強くこすらない、お湯の温度はぬるめ、低刺激の石けんなどを使う、柔らかいタオルでふく、タオルは毎日洗濯して清潔に保つ、などに気を付けましょう。
  • 肌を晒さない服を着る
      紫外線が皮膚への刺激となってかゆみを起こすことがあります。

などがあります。皮膚の乾燥、刺激に注意しましょう。


かゆみやかさつきなど、皮膚の異常を感じたら早めに受診を

たかがかゆみと軽く見過ごしてしまいがちですが、何か体の疾患によって起こっているかゆみかもしれません。なかなか治まらない場合には医師の診察を受けましょう。

また、すでに糖尿病を患っている場合には、かゆみは注意すべき症状です。我慢して悪化させてしまうことのないよう、早めに受診することが大切です。

PR注目記事

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑のサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

突然ですが、問題です。

日本人で糖尿病の可能性がある人はどのくらいいるでしょう?
1. 6人にひとり
2. 9人にひとり
3. 13人にひとり

新着糖尿病レシピ

中華風豆乳鍋

198kcal

5.7g

1g

さつまいものごま団子

99.9kcal

1.5g

0.05g

その他の記事

男性糖尿病患者さんは高確率で経験。EDと糖尿病の関係は?

男性特有の病気であるED(勃起障害)は血糖コントロールと関係しており、男性の糖尿病患者さんは特にリスクが高いと考えられています。 NIDDK(米国国立糖尿病・消化器・腎疾患研究所)が行った調査で ...

乾燥シーズンの到来! 糖尿病と皮膚トラブルの関係は?

空気が乾燥する冬は、暖房器具などの影響も加わり皮膚が乾燥しやすいシーズンです。特に糖尿病患者さんの場合皮膚が乾燥しやすく、皮膚トラブルを起こしやすいので注意が必要だといえます。 今回は、糖尿病と ...

糖尿病が危険因子!? 糖尿病とすい臓がんの深い関係

日本人の死亡原因第1位であるがんは、糖尿病患者さんに限らず注意が必要な疾患です。なかでもすい臓がんは自覚症状が現れにくく、早期の発見が難しいがんだとされています。じつは、糖尿病患者さんはすい臓がんを発 ...

糖尿病はインフルエンザのリスクにも影響。予防接種で対策を

冬に流行をみせるインフルエンザは、誰にとっても注意しなければいけない症状です。特に、糖尿病患者さんの場合は、その症状のリスクが高いことが知られており、入念な予防が欠かせません。 ワクチンの予防接 ...

動脈硬化対策にウォーキング。継続するメリットとは?

糖尿病患者さんにとって、大きなリスクである動脈硬化。そのリスクを低減する生活習慣の一つがウォーキングをはじめとする有酸素運動です。   今回は、動脈硬化のリスクをおさらいしつつ、人間の脳や感覚、身 ...

命に関わるCKD。積極的なチェックで対策を

近年、CKD(慢性腎臓病)という疾病概念が新たに提唱され、この対策が急務の課題として位置づけられました。腎臓の病気が以前よりも深刻なものと考えられるようになった背景には、糖尿病の合併症である糖尿病性腎 ...

< 一覧へ戻る

Facebook始めました!レシピ集更新中!
ニュースレター登録
糖尿病とうまくつきあう

糖尿病レシピランキング

人気記事

糖尿病コラム

最新記事

PAGETOP