糖尿病コラム

糖尿病の発症リスクと連動?「空腹時血糖値」をチェックしよう!


空腹時血糖値の4つの区分とは?

空腹時血糖値の判定基準には、以下の4つの判定区分があります。

(1)正常値

糖代謝機能(食物に含まれている糖をエネルギーとして利用する働き)が正常である区分です。空腹時の血糖値が、100mg/dL未満の場合、正常値とされています。

(2)正常高値

正常ですが、糖尿病予備群に近い区分です。空腹時の血糖値が100mg/dL以上、110mg/dL未満の場合、「正常高値」と呼ばれています。

(3)境界型(予備群)

空腹時の血糖値が110mg/dL以上、126mg/dL未満の場合、「境界型」と呼ばれる区分になります。境界型の場合、直ちに糖尿病として扱われるわけではありません。糖尿病特有の合併症も、まだ起きにくいといわれています。しかし、数年以内に糖尿病になる可能性が統計的に見ても高く、「糖尿病予備群」とも呼ばれています。

(4)糖尿病型

空腹時の血糖値が126mg/dL以上の場合、「糖尿病型」という区分になります。糖尿病特有の合併症になりやすいのが、この区分です。

日本人では、空腹時血糖値100mg/dLを超えたあたりから糖尿病リスクが上昇するという研究が報告されています。

この研究は、国立研究開発法人・国立がん研究センター がん予防・検診研究センターの予防研究グループが1998年から2000年の5年間、日本の8保健所地域に住む男女2207名を対象に行った追跡調査になります。この研究によると、糖尿病の発症率は、空腹時血糖値が110mg/dLになる前から上昇したそうです。正常高値、境界型であっても決して油断せず、しっかりとコントロールする必要があるといえそうです。

リスクをさらにチェックできるHbA1cとは?

空腹時血糖値以外に、「HbA1c」もあわせて確認すると、より糖尿病発症リスクが分かりやすいとされています。

血液中には、ヘモグロビンと呼ばれる、赤血球の中のたんぱく質の一種が存在します。ヘモグロビンは酸素と結合して全身の細胞に酸素を送る働きをしていますが、血糖値が高いと、血液中のブドウ糖がヘモグロビンと結合してしまいます。この、ブドウ糖とヘモグロビンが結びついたものをHbA1cと呼びます。

HbA1cは一度できると、その赤血球が死ぬまで消滅しません。赤血球の寿命は約4カ月ですので、HbA1cの状態を知ることで、過去1~2カ月の血糖コントロールの状態を知ることができます。

HbA1cの基準値は4.6%~6.2%です。目安としては7.0%未満だといわれています。0.7%未満を達成するには、空腹時血糖値を130mg/dL未満にコントロールする必要があります。

さらに、まだ糖尿病と診断されるほどではないものの、空腹時血糖値やHbA1cの数値が高めだと、糖尿病リスクが高まる、という研究結果も報告されています。
この研究は、筑波大学教授ら研究チームによる調査で、1997年から2003年までに虎の門病院(東京)の人間ドックを受診し、糖尿病と診断されていなかった24歳から82歳の6241名を対象としています。研究では、以下の4グループに分けて比較しました。
  • 空腹時血糖値が高め(100~125mg/dL、5.6~6.9mmol/L)、かつHbA1cが高め(5.7~6.4%、国際標準値)
  • 空腹時血糖値が高め
  • HbA1cが高め
  • 双方ともに高めではない
その結果、空腹時血糖値が高めの人のうち、糖尿病を発症した人は9%、HbA1cが高めの人のうち、糖尿病を発症した人は7%でした。一方、空腹時血糖値とHbA1c双方が高めの人のうち、糖尿病を発症した人は38%と、糖尿病発症リスクは上昇傾向にありました。

1 2 3

PR注目記事

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

突然ですが、問題です。

日本人で糖尿病の可能性がある人はどのくらいいるでしょう?
1. 6人にひとり
2. 9人にひとり
3. 13人にひとり

新着糖尿病レシピ

イカの中華炒め

149kcal

5.5g

1.9g

その他の記事

糖尿病と関係がある? 「起立性低血圧」について

「起立性低血圧」という症状をご存知でしょうか? 「立ちくらみ」というと、多くの方がイメージできるのではないかと思います。起立性低血圧は多くの人にとって関係のある症状ですが、起こる原因の一つには糖 ...

新制度も施行。あらためて知っておきたい、フットケアの重要性

2016年から、透析患者さんを対象にした足病のチェックと専門の医療機関への紹介が、新たに診療報酬に加算されることになりました。 こうした医療制度の変更は、入念なフットケアが重要な課題であることを ...

覚えておいてほしい、糖尿病と爪の関係

足の爪は足先を保護する大切な存在ですが、時には爪のトラブルが原因で病気を発症してしまうケースがあります。さらに糖尿病患者さんの場合は、発症した病気が重症化し、深刻な状態となってしまう可能性があります。 ...

糖尿病患者さんは要注意。便秘を予防する工夫とは?

排便が困難、もしくは頻度が少なくなってしまう「便秘」は、多くの人が悩んでいる症状です。 あまり知られていないかもしれませんが、糖尿病の合併症である神経障害は、便秘になってしまう原因の1つです。つまり ...

糖尿病患者さんは要注意! 夏場の熱中症対策を忘れずに

暑い日が続く夏は、熱中症への注意が必要なシーズンです。特に、高齢の方や糖尿病などの慢性疾患のある方は、熱中症になりやすいとされています。また、屋外だけでなく屋内でも熱中症を発症してしまう可能性はあり、 ...

夏は睡眠時間が短くなりやすい! 糖尿病と睡眠の関係性

寝苦しい夜が続く夏は、睡眠不足に陥りやすい季節。厚生労働省が公表している「健康づくりのための睡眠指針2014」では、日の長い季節の睡眠時間は短くなる傾向にあり、反対に日の短い季節では睡眠時間が長くなる ...

< 一覧へ戻る

Facebook始めました!レシピ集更新中!
ニュースレター登録
糖尿病とうまくつきあう

糖尿病レシピランキング

人気記事

糖尿病コラム

セルフチェック

最新記事

PAGETOP