社会的交流が糖尿病リスクに関係。積極的な社会参加を!

社会的交流を持つことで糖尿病の発症リスクを抑制

オランダのマーストリヒト大学の研究チームは、社会的交流と2型糖尿病の発症リスクの関係性についての調査を行いました。この調査では、40歳から75歳のオランダ南部在住者2,861人を対象に実施されたコホート研究「マーストリヒト研究」のデータを解析しました。対象者のうち1,623人は血糖値が正常であり、2型糖尿病患者さんは111人、糖尿病予備群は430人でした。
調査の結果、サークルやグループに参加して社会的交流をもつ人は、2型糖尿病を発症するリスクが5%から12%低下することが判明し、なかでも徒歩圏内に他者と交流できるコミュニティがあるひとでは、2型糖尿病の発症リスクが9%から21%低下することが示されました。

1 2 3

注目記事

記事一覧
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑でサラナ」
健康道場「緑でサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

突然ですが、問題です。

日本人で糖尿病の可能性がある人はどのくらいいるでしょう?
1. 6人にひとり
2. 9人にひとり
3. 13人にひとり

>> 正解はこちら

記事ランキング

カテゴリ一覧

毎週届く 糖尿病関連ニュースレター便利な糖尿病サポートツールもご利用いただけます 糖尿病適応度チェック 16問の質問に答えて、あなたと糖尿病の関係を確認してみませんか?

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病の症状

記事一覧を見る

糖尿病コラム

記事一覧を見る

糖尿病最新情報

記事一覧を見る

糖尿病セルフチェック

記事一覧を見る
予防 体験談 原因 検査 糖尿病 血糖