顔が赤くなる人は特に注意。研究が示す骨折と飲酒の関係とは?

お酒で顔が赤くなる人は骨折のリスクが高い

一方、慶應義塾大学医学部整形外科学教室の準教授らが行った研究では、お酒を飲んで顔が赤くなる体質を持つ人は、そうではない人に比べて、骨粗鬆症による大腿骨近位部骨折が起こりやすいことを示唆しています。

この研究では、対象になった大腿骨近位部骨折を起こした92名を「骨折群」、大腿骨近位部骨折を起こしておらず、また骨粗鬆症の診断基準も満たしていない48名を「正常群」にわけて、同意を得た上でゲノムDNAを回収しました。

お酒を飲むと赤くなる体質の原因であるrs671という遺伝子多型に着目し、その保有率を骨折群と正常群の間で比較したところ、骨折群は正常群に比べてrs671の保有率が高く、骨折のリスクは2.48倍も高くなるという結果が得られました。因果関係までは明らかにされていないものの、2.48倍という数字は、無視できないものだと言えます。

また、この研究では試験培養によって、骨を生成する骨芽細胞が機能不全を起こしていても、ビタミンEであるTrolox Cによって回避できる可能性があることも発見されています。この結果から、骨粗鬆症を起こしやすい遺伝子多型を持っている人も、ビタミンEを摂取するとリスクが減らせる可能性が高いことが示されました。

糖尿病患者さんにとって、そもそも飲酒は控えるべき習慣です。ですが、もしもお酒を飲んでいて顔が赤くなりやすいことに気付いたら、ご自身が骨粗鬆症になりやすい可能性を考えた方が良いかもしれません。

もちろん、お酒を飲んで顔が赤くなるかどうかに関わらず、骨粗鬆症には気をつけなければいけません。生活習慣の改善や定期的なチェックを欠かさず行い、骨粗鬆症による骨折を防ぎましょう。こうした対策も、健康的な生活を続けるためには欠かせない取り組みなのです。

参照・参考
第58回日本糖尿病学会年次学術集会「糖尿病学の進化と深化 -サイエンスとヒューマニティーの融合-」
A missense single nucleotide polymorphism in the ALDH2 gene, rs671, is associated with hip fracture | Scientific Reports

1 2 3

注目記事

記事一覧
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑でサラナ」
健康道場「緑でサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

突然ですが、問題です。

日本人で糖尿病の可能性がある人はどのくらいいるでしょう?
1. 6人にひとり
2. 9人にひとり
3. 13人にひとり

>> 正解はこちら
第6回 糖尿病川柳

記事ランキング

カテゴリ一覧

毎週届く 糖尿病関連ニュースレター便利な糖尿病サポートツールもご利用いただけます 糖尿病適応度チェック 16問の質問に答えて、あなたと糖尿病の関係を確認してみませんか?

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病の症状

記事一覧を見る

糖尿病コラム

記事一覧を見る

糖尿病最新情報

記事一覧を見る

糖尿病セルフチェック

記事一覧を見る
予防 体験談 原因 検査 糖尿病 血糖