顔が赤くなる人は特に注意。研究が示す骨折と飲酒の関係とは?

糖尿病は骨折のリスクと関連

骨粗鬆症は骨密度や骨質が低下して発症する症状です。この症状を発症する理由には加齢や女性の閉経といった原因があげられますが、糖尿病もこの症状のリスク要因の1つであることがわかっています。

糖尿病と骨折、一見無関係のように見える2つを結ぶ理由の1つは、細胞などをつなぐ役割を持つコラーゲンにあります。高血糖の状態が続くとコラーゲンに終末糖化産物がたまりやすくなり、骨の強度が保てなくなってしまいます。これが骨粗鬆症や骨折を引き起こすのです。

また、血糖値を下げるインスリンには骨を作る働きもあるため、インスリンの分泌が十分ではない糖尿病患者さんは骨粗鬆症が起こりやすくなってしまいます。

そのため、糖尿病患者さんは骨を丈夫に保つことに対する意識の向上が求められます。2015年に行われた第58回日本糖尿病学会年次学術集会では、骨粗鬆症のチェックや、転倒や骨折を防ぐために食事と運動で骨や筋肉を強化するなど、丈夫な骨をつくることの重要性が強調されました。

1 2 3

注目記事

記事一覧
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑でサラナ」
健康道場「緑でサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

突然ですが、問題です。

日本人で糖尿病の可能性がある人はどのくらいいるでしょう?
1. 6人にひとり
2. 9人にひとり
3. 13人にひとり

>> 正解はこちら
第6回 糖尿病川柳

記事ランキング

カテゴリ一覧

毎週届く 糖尿病関連ニュースレター便利な糖尿病サポートツールもご利用いただけます 糖尿病適応度チェック 16問の質問に答えて、あなたと糖尿病の関係を確認してみませんか?

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病の症状

記事一覧を見る

糖尿病コラム

記事一覧を見る

糖尿病最新情報

記事一覧を見る

糖尿病セルフチェック

記事一覧を見る
予防 体験談 原因 検査 糖尿病 血糖