睡眠不足が糖尿病のリスクを上げる?! 睡眠と糖尿病の関係とは?

十分な睡眠、とれていますか?
なんとなく「睡眠不足は健康に良くない」というイメージがあるかもしれませんが、実は睡眠不足が糖尿病や高血圧などの生活習慣病のリスクを高めることが最近の研究で分かってきました。

ここでは、睡眠不足と糖代謝の関係、糖尿病の関係を見ていきましょう。

睡眠不足は、インスリン分泌とインスリン作用を低下させる

私たちは、食べ物からとった糖などをインスリンというホルモンの働きによって細胞に取り込んでエネルギーに変換し、あらゆる生命活動を行っています。
糖尿病では、何らかの理由によってインスリンが作用せず、糖をうまく細胞に取り込むことができない(糖代謝異常)ため、血中に糖があふれ、高血糖状態が続いて体にさまざまな障害を起こします。

糖尿病の原因は主に、加齢や遺伝、食生活の乱れ、運動不足などがありますが、そのうちの一つとして「睡眠不足」も挙げられます。

睡眠時間が短くなると、インスリン分泌量に影響を及ぼしますが、それだけではなく、インスリンの働きを弱めてしまうホルモン(インスリン拮抗ホルモン)が分泌されます。
そのため、糖の代謝機能はより乱れてしまい、血糖値が下がらず、糖尿病を引き起こすリスクを高めてしまうのです。

さらに、睡眠不足がもたらす「過食」も要注意

無性にお腹が空く、スナック菓子が食べたくなる、といったことはもしかしたら睡眠不足が原因かも・・・!?
最近の研究で、睡眠不足の状態では、食欲を刺激するホルモンが増加することもわかってきました。
過食をすることで肥満につながり、肥満は糖尿病にもつながります。
こういった理由からも、睡眠不足は糖尿病の原因として懸念されているのです。

「睡眠時間」だけでなく、「睡眠の質」も重要

また、自分では十分に寝ているつもりでも、眠りが浅い状態が続いていたり、「睡眠時無呼吸症候群」などの病気があったりすると、糖代謝に影響するホルモンの分泌が乱れ、糖尿病リスクを高めてしまうと言われています。

睡眠時間は足りているはずなのに日中眠くてたまらない、といった場合には、睡眠の質に問題がある場合もあるため、一度病院で相談してみることをおすすめします。

ちなみに、「お酒を飲むとよく眠れる」という人もいるかもしれませんが、アルコールは睡眠の質を低下させてしまいます。
良質な睡眠のためには、お酒はほどほどにしましょう。

睡眠も大切な生活習慣。睡眠を疎かにしないで

私たちは、人生の3分の1ほどを睡眠に費やします。
そのため睡眠は、食事や運動と同様に、疎かにしてはならないとても重要な生活習慣であると言えます。

不眠や睡眠障害は、糖尿病だけではなく、高血圧や動脈硬化など体にさまざまな異常をきたします。
反対に不眠や睡眠障害がある場合は、それを治療すれば、それが元となって起きている病気を治したり、症状を和らげたりすることもできるのです。

自分の睡眠で少しでも気になることがあれば、早めに医師に相談してみてくださいね。

注目記事

記事一覧
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑でサラナ」
健康道場「緑でサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

突然ですが、問題です。

日本人で糖尿病の可能性がある人はどのくらいいるでしょう?
1. 6人にひとり
2. 9人にひとり
3. 13人にひとり

>> 正解はこちら

記事ランキング

カテゴリ一覧

毎週届く 糖尿病関連ニュースレター便利な糖尿病サポートツールもご利用いただけます 糖尿病適応度チェック 16問の質問に答えて、あなたと糖尿病の関係を確認してみませんか?

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病の症状

記事一覧を見る

糖尿病コラム

記事一覧を見る

糖尿病最新情報

記事一覧を見る

糖尿病セルフチェック

記事一覧を見る
予防 体験談 原因 検査 糖尿病 血糖