糖尿病の症状

ただの疲れ目じゃない?あなたの眼に忍び寄る「糖尿病白内障」とは?

糖尿病にはさまざまな合併症のリスクがあります。その一つが白内障です。
お年寄りの病気と思われがちな白内障ですが、糖尿病患者さんの場合、若くてもかかる可能性があることをご存知でしょうか?
今回はそのメカニズムや予防法などを見てみたいと思います。


慢性的な高血糖によって水晶体に病変が生じて白内障に

まず、白内障とはどのような病気でしょうか?

眼は、いわゆる「眼球(目玉)」の上に「水晶体」と呼ばれるレンズがかぶさってできています。
水晶体はよくカメラのレンズに例えられますが、この水晶体に病変が生じることによって白内障が起こります。
レンズ部分が濁ってしまい、きちんと光を通さなくなるため、ものが見えづらくなるのです。


白内障の原因で最も多いのが加齢によるもの。「白内障は老化現象」といわれるほど、お年寄りにとってはよく見られる疾患です。
程度は人によって異なるものの、徐々に水晶体が濁って見えづらくなってきます。
加齢によるものは、進行が比較的緩やかなので、最初は気付かない方も多いようです。

そのほかの原因として、重度のアトピー性皮膚炎や長期のステロイド内服、そして糖尿病も、白内障の要因として挙げられます。


糖尿病と白内障の関係とは?

糖尿病白内障の要因は、持続的な高血糖にあると考えられています。

通常、摂取されたブドウ糖はエネルギーとして消費されてしまいます。体内に残ったブドウ糖は、ソルビトール、さらにフルクトースに変化することで代謝(ポリオール代謝)されています。

実は、このポリオール代謝が白内障を招くと考えられているのです。

慢性的な高血糖では、ブドウ糖が多く血中に残っているのでポリオール代謝が亢進します。
問題は、ポリオール代謝で作られたソルビトールです。
ソルビトールは細胞内に溜まりやすい性質があり、細胞に溜まったソルビトールが水晶体を混濁させてしまい、これが白内障の症状の原因と考えられています。
その他にも、タンパク質と糖が反応して作られる最終物質「最終糖化産物(AGEs)」や、AGEsによって作られた「活性酸素」も白内障の要因とされています。

このように、慢性的な高血糖と白内障との関連はいろいろと指摘されています。しかしながら、その詳しいメカニズムについてははっきりしていないのが現状です。


白内障の症状とは?

白内障の主な症状としては次のものが挙げられます。


  • 物がぼやけて見える。
  • まぶしく感じる。
  • 左右の目で明るさの感覚が違う。
  • 薄暗い環境で文字が見えづらい。
  • 片目で物を見ると、二重三重にだぶって見える。

いかがでしょうか?
健康な方でも目が疲れたときなどに経験したことのある症状があるかもしれませんね。
最初は「目が疲れたかな?」と感じる程度かもしれませんが、治療を行わないと視力低下を招くため、早期発見と早期治療が大切です。

高血糖が続いている糖尿病患者さんにおいては、白内障になる可能性が高いことを心に留めておき、上記の症状が見られる場合や見え方がいつもと違う場合などは、早めに医師に相談するようにしましょう。


白内障の治療法とは?

もし白内障になってしまった場合、初期の場合は点眼薬が処方され、進行を抑えます。
そして、定期検診により眼の状態をチェックしていきますが、進行してしまった場合や生活に支障が出始めたときには手術も検討されます。
手術は、混濁した水晶体を取り除いて眼内レンズ(人工水晶体)に置き換えるもので、日帰りで実施している医療機関も多く、通常短時間(平均10~20分程度。ケースによる)で終わります。

一旦混濁してしまった水晶体は元には戻らないため、根本的な治療は手術療法しかありません。
見え方が気になる場合は、まず糖尿病の担当医(内科・内分泌科)に相談してみましょう。
眼の専門家である眼科医へ紹介してくれます。
眼の状態の詳しいチェックは眼科で行いますが、白内障の進行は血糖値とも関連があるとされているため、内科と連携して治療を行うことが望ましいといえます。


まずは血糖値を適正にコントロール。紫外線から眼を守る生活習慣を心がけよう

糖尿病合併症である白内障を予防するには、どのようなことに気を付ければいいのでしょうか?

まずは、糖尿病治療全般において最も重要である「血糖値のコントロール」です。
糖尿病性白内障においても、先述のように、慢性的な高血糖が背景にあると考えられています。
食事や運動、投薬などをきちんと守り、適正な血糖値を保つよう心がけましょう。

また、紫外線や赤外線は白内障を進行させることが分かっています。
外出の際にはつばの広い帽子をかぶったり、サングラスで眼を保護するようにし、太陽や火を直接見ないように気を付けましょう。

また、糖尿病を患っていると、若い人でも白内障を発症するリスクが上がり、進行が早いという特徴があります。
特に糖尿病患者さんにおいては、日頃から体調管理の一環として「目の健康」にも気を付けるようにし、気になる症状があれば早めに医師に相談しましょう。

PR注目記事

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑のサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

突然ですが、問題です。

日本人で糖尿病の可能性がある人はどのくらいいるでしょう?
1. 6人にひとり
2. 9人にひとり
3. 13人にひとり

新着糖尿病レシピ

中華風豆乳鍋

198kcal

5.7g

1g

さつまいものごま団子

99.9kcal

1.5g

0.05g

その他の記事

身長が関係している!? 妊娠高血圧症候群とは

妊娠中の女性が注意すべき症状の一つに、「妊娠高血圧症候群」というものがあります。妊娠高血圧症候群は妊婦さんの20人に1人が発症し、高血圧や肥満体型のかた、さらには糖尿病患者さんに発症しやすい症状とされ ...

糖尿病患者さんが注意するべき「シックデイ」とは?

「シックデイ」という言葉をご存知でしょうか? この症状は、多くの糖尿病患者さんが経験しているにも関わらず、認知が十分に進んでいないことが、問題点の1つとなっています。 糖尿病に向き合いつつ ...

あなたは知っていますか? 隠れた糖尿病の発症リスク「異所性脂肪」とは?

「異所性脂肪」という言葉をご存知でしょうか? これは読んで字のごとく、お腹まわりなどの蓄積しやすい場所とは違う部分についてしまう脂肪のことです。 異所性脂肪の多い人は外見的には肥満に見えにくいと ...

ほてりが糖尿病のサイン!? 異変を見逃さずに早期発見

糖尿病患者さんの中には、突然顔のほてりが現れるといった症状がみられることがあります。 顔のほてりと糖尿病はあまり関係がないようにも思えますが、どうしてこのような症状が起こるのでしょうか? その理 ...

「最近、肌にかゆみが出るようになった」 糖尿病との関係は?

以前には感じなかったかゆみが出るようになったという人はいませんか? それはもしかしたら糖尿病のサインかもしれません。 今回は、糖尿病と肌のかゆみの関係性とともに、かゆみの予防法をご紹介しま ...

2型糖尿病は記憶力が低下する!? 血糖値が脳に与える影響

「記憶力」と「糖尿病」。一見関係性がなさそうですが、近年その意外な関係が注目されています。 今回は、「糖尿病」と「記憶力」についての研究と、記憶力低下を防ぐ方法をご説明します。 2型糖尿病 ...

< 一覧へ戻る

Facebook始めました!レシピ集更新中!
ニュースレター登録
糖尿病とうまくつきあう

糖尿病レシピランキング

人気記事

Q&A

最新記事

PAGETOP