猛威をふるうインフルエンザ。糖尿病患者さんは特に注意が必要?

インフルエンザと糖尿病の関係とは

毎年この時期になると感染者が急増するインフルエンザは、高熱や頭痛、関節痛、筋肉痛などを伴う感染症です。気管支炎や肺炎などを併発する可能性もあり、特に高齢者ではインフルエンザから死に至るケースもあります。
誰もが注意するべきインフルエンザですが、糖尿病患者さんは特に注意が必要です。糖尿病による高血糖の状態が続くことで体内の免疫反応や防御反応が低下しやすく、糖尿病でない人に比べて感染症にかかりやすく、悪化しやすいとされています。
さらに、糖尿病患者さんは感染症にかかることで血糖値が普段よりも上昇しやすいという点にも注意が必要です。糖尿病による高血糖でインフルエンザに感染しやすく、感染することで更に血糖値が悪化してしまうという悪循環に陥りやすいのです。
こうした理由からも、糖尿病患者さんはインフルエンザの感染には一層の注意を払う必要があると言えるでしょう。

1 2 3

注目記事

記事一覧
健康道場「緑でサラナ」
健康道場「緑でサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

突然ですが、問題です。

日本人で糖尿病の可能性がある人はどのくらいいるでしょう?
1. 6人にひとり
2. 9人にひとり
3. 13人にひとり

>> 正解はこちら

記事ランキング

カテゴリ一覧

毎週届く 糖尿病関連ニュースレター便利な糖尿病サポートツールもご利用いただけます 糖尿病適応度チェック 16問の質問に答えて、あなたと糖尿病の関係を確認してみませんか?

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病の症状

記事一覧を見る

糖尿病コラム

記事一覧を見る

糖尿病最新情報

記事一覧を見る

糖尿病セルフチェック

記事一覧を見る
予防 体験談 原因 検査 糖尿病 血糖