歯周病が認知症のリスクを高める可能性。積極的な対策を

歯周病がアルツハイマー病を悪化させる可能性

平成29年の11月、国立長寿医療研究センターはウェブサイト上で「口腔疾患研究部の松下健二部長らのグループが、歯周病がアルツハイマー病の危険因子となる可能性についての論文を発表しました」というタイトルで、歯周病とアルツハイマー病の関係に着目した研究の結果を公表しました。

この研究では、歯周病原細菌の一種であるPorphyromonas gingivalisに感染したAD(アルツハイマー病)モデルマウスは認知機能が低下して、脳内でアルツハイマー病の原因と考えられているアミロイドβペプチドの沈着が増えることを明らかにしました。また、血清中や脳内で炎症性サイトカインや細菌エンドトキシンといった炎症メディエーター(炎症を誘導する存在)によって神経炎症が引き起こされ、アルツハイマー病の病態に影響する可能性があることが示されました。

2型糖尿病は歯周病と認知症のリスクに関わっており、2型糖尿病患者さんはそれぞれの症状を発症する可能性が高いことが、過去に行われた調査研究からわかっています。そのため、これらの症状を同時に発症している場合は、それぞれのリスクに影響をおよぼし、さらに深刻な状況におちいる可能性があります。

1 2 3

注目記事

記事一覧
健康道場「緑でサラナ」
健康道場「緑でサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

突然ですが、問題です。

日本人で糖尿病の可能性がある人はどのくらいいるでしょう?
1. 6人にひとり
2. 9人にひとり
3. 13人にひとり

>> 正解はこちら
第6回 糖尿病川柳入賞作品発表

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病の症状

記事一覧を見る

糖尿病コラム

記事一覧を見る

糖尿病最新情報

記事一覧を見る

糖尿病セルフチェック

記事一覧を見る
予防 体験談 原因 検査 糖尿病 血糖