歯周病が認知症のリスクを高める可能性。積極的な対策を

歯周病は、もっとも多い認知症といわれるアルツハイマー病の進行に影響をおよぼす可能性があるという研究結果が、国立研究開発法人国立長寿医療研究センターから報告されました。

この研究結果は歯周病のさらなるリスクを示していると考えられている一方で、歯周病の予防がアルツハイマー病のリスク低下につながる可能性があることも明らかにしています。

歯周病と認知症は、どちらも糖尿病と関係がある症状です。健康的な生活を長く続けるために、歯周病のリスクに備えて、適切な対策を行いましょう。

1 2 3

注目記事

記事一覧
健康道場「緑でサラナ」
健康道場「緑でサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

突然ですが、問題です。

日本人で糖尿病の可能性がある人はどのくらいいるでしょう?
1. 6人にひとり
2. 9人にひとり
3. 13人にひとり

>> 正解はこちら
第6回 糖尿病川柳

記事ランキング

カテゴリ一覧

毎週届く 糖尿病関連ニュースレター便利な糖尿病サポートツールもご利用いただけます 糖尿病適応度チェック 16問の質問に答えて、あなたと糖尿病の関係を確認してみませんか?

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病の症状

記事一覧を見る

糖尿病コラム

記事一覧を見る

糖尿病最新情報

記事一覧を見る

糖尿病セルフチェック

記事一覧を見る
予防 体験談 原因 検査 糖尿病 血糖