食材選びをお助け!糖質、脂質、アルコールに注目した「食材早見表」はこちらから

正しい認識がリスク回避につながる。心・脳血管疾患と糖尿病の関係を把握しましょう

糖尿病患者さんの多くが心・脳血管疾患との関係を認識していない

ノボルディクスファーマ株式会社では、2017年9月29日に行われる世界規模の心臓血管予防キャンペーンにちなんで、2型糖尿病と心・脳血管疾患発症リスクとの関係性の認識や、心・脳血管疾患を発症した後の気持ちを探ることを目的とした調査を実施しました。

調査の対象になったのは、過去に心・脳血管疾患を発症したことがある60代以上の2型糖尿病患者さん104人と、近親者の中に心・脳血管疾患を発症した(亡くなった方も含む)2型糖尿病患者さんがいる、30代から50代までの106人です。

インターネット調査を行った結果、対象者の多くが、実際に発症する前は心・脳血管疾患が糖尿病の合併症だと知らなかったことがわかりました。認識していなかった症状とその割合は、多い順に狭心症(43%)、白内障(41%)、心筋梗塞(39%)、虚血性心不全(32%)、脳梗塞(31%)でした。糖尿病の三大合併症についても同様の質問をしたところ、糖尿病性神経障害では27%、糖尿病性腎症では24%、糖尿病性網膜症では18%であり、重要な知識であるにも関わらず、知らない人の割合は決して低くないことが明らかになりました。

また、発症した時の気持ちを尋ねたところ、心・脳血管疾患を発症した2型糖尿病患者さんの33%が「2型糖尿病の合併症にもっと気を配るべきだったと後悔した」と回答しました。

「経済的な負担を心配した」と回答した人の割合は31%、心・脳血管疾患を発症する前に「食生活の改善」「日々の運動」「禁煙」「早めに専門医の治療を受ける」「2型糖尿病の合併症について調べる・学ぶ」などの対策を行いたかったと回答した人の割合は76%におよび、対象になった2型糖尿病患者さんの多くが自身の体験を振り返り、心・脳血管疾患との関係を事前に認識する重要性を実感していることが分かりました。

1 2 3

糖尿病の放置はNG! 気をつけたい6大合併症とは?
糖尿病の放置はNG! 気をつけたい6大合併症とは?

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?

体の異変に早めに気づくためには日々の自己管理が大切ですよね。体重や血糖値、HbA1cの推移を把握しておくのも管理方法の1つだと思います。
そこで、今回のテーマはこちら!
「手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?」

このトークルームを見る

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

血糖値を下げる働きをもつホルモンは「インスリン」、では血糖値を上げる働きをもつホルモンは何でしょう?
1. ドーパミン
2. グルカゴン
3. グレリン

正解はこちら

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病の症状

記事一覧を見る

糖尿病コラム

記事一覧を見る

糖尿病最新情報

記事一覧を見る

糖尿病セルフチェック

記事一覧を見る
予防 体験談 原因 検査 糖尿病 血糖
×BannerBanner