食材選びをお助け!糖質、脂質、アルコールに注目した「食材早見表」はこちらから

栄養満点! 夏野菜のめぐみをおやつでも取り入れよう!

夏野菜の栄養価は?

夏に旬を迎える野菜には、野菜自身が紫外線によって酸化することを防ぐために、ポリフェノール類やカロチノイド、ビタミンC、ビタミンEが多く含まれているそうです。また、水分やカリウムを含む野菜が多く、夏の暑さで体にこもってしまった熱を、内側からクールダウンする効果が期待されています。

代表的な夏野菜の主な栄養素は、以下の通りです。

・トマト(可食部100g中、βカロテン当量540mg/カリウム210mg/ビタミンC15mg)

赤い色素成分の「リコピン」は、抗酸化作用が期待されている成分です。フラボノイドの一種である「ルチン」には、血流を改善する効果などが期待されています。ビタミンAやビタミンC、カリウム、βカロテンなども含まれています。

・ゴーヤ(可食部100g中、ビタミンC76mg/βカロテン当量210mcg/カリウム260mg)

沖縄料理のゴーヤチャンプルーで有名なゴーヤは、ビタミンとミネラルをバランスよく含む食材です。また、むくみを解消し、代謝を促すカリウムを豊富に含みます。独特の苦みの元「モモルデシン」は胃の動きをよくするので、食欲のない夏にぴったりです。

・ナス(可食部100g中、カリウム180mg)

皮に含まれる色素「ナスニン」はポリフェノールの一種で、抗酸化作用があると言われています。カリウムも比較的多く含まれているとされています。体の熱を取るとも言われている野菜ですが、胃腸を冷やす効果もあるので食べ過ぎには注意しましょう。

・オクラ(可食部100g中、カリウム260mcg/βカロテン当量100mcg/食物繊維総量5.0g)

独特のぬめり成分は、胃の粘膜を保護し、消化を助ける効果があるとされています。水溶性食物繊維で、整腸作用があると言われる「ペクチン」を含んでいます。また、カリウムやβカロテン、葉酸なども含まれています。

Photo

第1回 外食について

今回のアンケートでは糖尿病患者さんと糖尿病予備群の方に「外食」についてお聞きしました!
外食の頻度や、外食で困っていること、さらにみなさんが実践しているメニューの選び方など外食時の工夫についてもご紹介します

アンケート結果をみる

第1回 外食について

Photo

今回のアンケートでは糖尿病患者さんと糖尿病予備群の方に「外食」についてお聞きしました!
外食の頻度や、外食で困っていること、さらにみなさんが実践しているメニューの選び方など外食時の工夫についてもご紹介します

アンケート結果をみる

1 2 3

糖尿病の放置はNG! 気をつけたい6大合併症とは?
糖尿病の放置はNG! 気をつけたい6大合併症とは?

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?

体の異変に早めに気づくためには日々の自己管理が大切ですよね。体重や血糖値、HbA1cの推移を把握しておくのも管理方法の1つだと思います。
そこで、今回のテーマはこちら!
「手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?」

このトークルームを見る

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

血糖値を下げる働きをもつホルモンは「インスリン」、では血糖値を上げる働きをもつホルモンは何でしょう?
1. ドーパミン
2. グルカゴン
3. グレリン

正解はこちら

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病の症状

記事一覧を見る

糖尿病コラム

記事一覧を見る

糖尿病最新情報

記事一覧を見る

糖尿病セルフチェック

記事一覧を見る
予防 体験談 原因 検査 糖尿病 血糖
×BannerBanner