食材選びをお助け!糖質、脂質、アルコールに注目した「食材早見表」はこちらから

高血糖と内臓脂肪が招く、「更年期」の女性における糖尿病リスク

予防するには、食生活の見直し、そして適度な運動

更年期には、血糖値を上げる糖質や、内臓脂肪の原因になる脂質の摂取をできるだけ抑えてカロリー摂取をコントロールし、バランスの良い食事を心がけましょう。

調理の際は、揚げるより、蒸したり煮たりするものを選び、薄味で物足りないときは薬味や酸味で調節しましょう。また、野菜や海藻類に含まれる食物繊維は、血糖値の上昇を防ぐ働きもあり、満腹感も得られるので食べ過ぎを防ぐこともできます。積極的に取り入れると良いでしょう。

更年期症状などがあると動くことが億劫になりがちです。ジムに通うなどの本格的な運動でなくても、お散歩や軽い体操、ストレッチなどの運動をこまめに日常の中に取り入れてください。内臓脂肪、皮下脂肪ともにつきやすい体質になっているので、有酸素運動を定期的に行うのが効果的です。

ホルモン補充療法とは?

減少した女性ホルモンを飲み薬や貼り薬によって補える「ホルモン補充療法」もあります。この療法は、血糖値を正常化させ、結果的に糖尿病の発症リスクを21%減少させるという研究結果も出ています。
ホルモン補充療法は病院によって扱っているところと扱っていないところがあるようですが、必ず医師の治療方針や指示に従ってください。

普段の生活で、できることから始めて

更年期はさまざまな不快症状を感じやすくなり、糖尿病のリスクも高まる時期です。
普段の生活において、栄養バランスの取れた健康的な食事や日々の運動など、小さな心がけを重ねていくことが大切です。

Photo

第1回 外食について

今回のアンケートでは糖尿病患者さんと糖尿病予備群の方に「外食」についてお聞きしました!
外食の頻度や、外食で困っていること、さらにみなさんが実践しているメニューの選び方など外食時の工夫についてもご紹介します

アンケート結果をみる

第1回 外食について

Photo

今回のアンケートでは糖尿病患者さんと糖尿病予備群の方に「外食」についてお聞きしました!
外食の頻度や、外食で困っていること、さらにみなさんが実践しているメニューの選び方など外食時の工夫についてもご紹介します

アンケート結果をみる

1 2 3

BannerBanner
糖尿病の放置はNG! 気をつけたい6大合併症とは?
糖尿病の放置はNG! 気をつけたい6大合併症とは?

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?

体の異変に早めに気づくためには日々の自己管理が大切ですよね。体重や血糖値、HbA1cの推移を把握しておくのも管理方法の1つだと思います。
そこで、今回のテーマはこちら!
「手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?」

このトークルームを見る

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

血糖値を下げる働きをもつホルモンは「インスリン」、では血糖値を上げる働きをもつホルモンは何でしょう?
1. ドーパミン
2. グルカゴン
3. グレリン

正解はこちら

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病の症状

記事一覧を見る

糖尿病コラム

記事一覧を見る

糖尿病最新情報

記事一覧を見る

糖尿病セルフチェック

記事一覧を見る
予防 体験談 原因 検査 糖尿病 血糖
×BannerBanner