食材選びをお助け!糖質、脂質、アルコールに注目した「食材早見表」はこちらから

高血糖と内臓脂肪が招く、「更年期」の女性における糖尿病リスク

女性ホルモンの変化がもたらす血糖値への影響

更年期に大きく変化する女性ホルモンには「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2つがあります。

卵胞ホルモン「エストロゲン」の分泌が高まると、インスリンの効果が上がり、血糖値を下げる傾向があります。一方、排卵後に出る黄体ホルモン「プロゲステロン」はインスリン効果を下げて血糖値を上がりやすくします。
閉経を迎える更年期では、「エストロゲン」の分泌が減ってしまうため、高血糖になりやすいのです。

内臓脂肪がつきやすくなる理由

「エストロゲン」は血糖値を下げる働き以外にも、内臓脂肪をつきづらくする働きもあります。「エストロゲン」の分泌が減る更年期では、内臓脂肪がつきやすくなり、さらに、内臓脂肪が増えるとインスリンの効きが悪くなるため、血糖値が上がりやすくなってしまうのです。加えて、加齢とともに基礎代謝が落ちることも内臓脂肪をつきやすくさせる原因の一つです。

このように、更年期では女性ホルモンの変化、基礎代謝の低下、更年期特有の症状の影響などで糖尿病のリスクが高くなると言えます。

Photo

第1回 外食について

今回のアンケートでは糖尿病患者さんと糖尿病予備群の方に「外食」についてお聞きしました!
外食の頻度や、外食で困っていること、さらにみなさんが実践しているメニューの選び方など外食時の工夫についてもご紹介します

アンケート結果をみる

第1回 外食について

Photo

今回のアンケートでは糖尿病患者さんと糖尿病予備群の方に「外食」についてお聞きしました!
外食の頻度や、外食で困っていること、さらにみなさんが実践しているメニューの選び方など外食時の工夫についてもご紹介します

アンケート結果をみる

1 2 3

BannerBanner
糖尿病の放置はNG! 気をつけたい6大合併症とは?
糖尿病の放置はNG! 気をつけたい6大合併症とは?

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?

体の異変に早めに気づくためには日々の自己管理が大切ですよね。体重や血糖値、HbA1cの推移を把握しておくのも管理方法の1つだと思います。
そこで、今回のテーマはこちら!
「手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?」

このトークルームを見る

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

血糖値を下げる働きをもつホルモンは「インスリン」、では血糖値を上げる働きをもつホルモンは何でしょう?
1. ドーパミン
2. グルカゴン
3. グレリン

正解はこちら

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病の症状

記事一覧を見る

糖尿病コラム

記事一覧を見る

糖尿病最新情報

記事一覧を見る

糖尿病セルフチェック

記事一覧を見る
予防 体験談 原因 検査 糖尿病 血糖
×BannerBanner