身もブリコも味わいたい産卵前の旬のはたはたを楽しもう!

身も卵もおいしい魚、はたはたについて詳しく知ろう!

秋田県の特産品として有名なはたはたですが、鳥取県のしろはたずしなども郷土料理として親しまれています。はたはたはクセや臭みがなくおいしい白身魚で、はたはたの卵もおいしいですよ。今回はそんなはたはたについてのお話です!豆知識や気になる栄養価などをご紹介します!

はたはたの豆知識や栄養価って?

はたはたはスズキ目ハタハタ科の体長20㎝程度の魚です
秋田県近海が主産地と言われますが、アラスカから北海道、本州の日本海側および東北以北の太平洋側に広く分布しています。水深150~400メートルに生息し、産卵期だけ浅場へ移動します。

はたはたは雷光の古語、霹靂神(はたはたがみ)が名前の由来になっていると言われます。
雷のなる大荒れのときに岸に大群が寄せてくることからカミナリウオという別名のほか、シラハタ、カハタ、オキアジ、シマアジなど色々な呼び名があります。また、砂泥地にもぐっていることから英名はサンドフィッシュです。

はたはたはやわらかな白身がおいしいだけでなく、旨みが濃厚にある卵も大変おいしいことで知られています。このはたはたの卵はブリコと呼ばれ、「ブリコがはたはたの価値を決める」とか「ブリコが入っていなければ値打ち半分」と言われ珍重されています。

旬は11~1月頃の秋から冬にかけてですがが、地方によって異なります。秋田の漁期では11月から1月にかけて、ブリコを持っている雌が珍重され、山陰あたりでは特に3~5月頃の春が脂が多く旬とされています。

はたはた(生)の可食部100g当たりの主な栄養価は以下です。

エネルギー 113kcal
水分 78.8g
たんぱく質 14.1g
脂質 5.7g
炭水化物 Tr
カリウム 250mg
カルシウム 60mg
鉄 0.5mg
亜鉛 0.6mg
レチノール 20㎍
ビタミンD 2.0㎍
αトコフェロール 2.2mg
ビタミンB1 0.02mg
ビタミンB2 0.14mg
ナイアシン 3.0mg
ビタミンB6 0.08mg
ビタミンB12 1.7㎍
コレステロール 100mg
食塩相当量 0.5g     など
(参照:食品成分データベース/文部科学省)

1 2 3

注目記事

記事一覧
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

【歯と口の健康週間】最近歯医者さんに、いつ行きましたか?

おいしい食事やバランスの良い食事を続けるためにも口と歯の健康が大切ですが、自分自身で異常に気づくのは難しいこともありますよね。
そこで、今回のテーマはこちら!
「最近歯医者さんに、いつ行きましたか?」

このトークルームを見る

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

血糖値を下げる働きをもつホルモンは「インスリン」、では血糖値を上げる働きをもつホルモンは何でしょう?
1. ドーパミン
2. グルカゴン
3. グレリン

正解はこちら

第6回 糖尿病川柳入賞作品発表

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病の症状

記事一覧を見る

糖尿病コラム

記事一覧を見る

糖尿病最新情報

記事一覧を見る

糖尿病セルフチェック

記事一覧を見る
予防 体験談 原因 検査 糖尿病 血糖