日本食が認知症の予防効果を高める!? 日本食と認知症の関係とは

2型糖尿病や高血圧、脂質異常症などの症状を発症している人は、認知症の発症リスクが高くなることが報告されています。つまり認知症は、糖尿病患者さんが注意しなければいけないリスクの1つといえます。

近年では、認知症の発症リスクは食事の習慣と関わっている可能性が高いという研究もあります。その研究の中には、日本食を食べる人の認知症を発症する傾向が低いという指摘もあります。

今回は、日本食と認知症の関係性についてご紹介します。

1 2 3

注目記事

記事一覧
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑でサラナ」
健康道場「緑でサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

突然ですが、問題です。

日本人で糖尿病の可能性がある人はどのくらいいるでしょう?
1. 6人にひとり
2. 9人にひとり
3. 13人にひとり

>> 正解はこちら

記事ランキング

カテゴリ一覧

毎週届く 糖尿病関連ニュースレター便利な糖尿病サポートツールもご利用いただけます 糖尿病適応度チェック 16問の質問に答えて、あなたと糖尿病の関係を確認してみませんか?

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病の症状

記事一覧を見る

糖尿病コラム

記事一覧を見る

糖尿病最新情報

記事一覧を見る

糖尿病セルフチェック

記事一覧を見る
予防 体験談 原因 検査 糖尿病 血糖