糖尿病最新情報

[糖尿病ニュース]日本でも行われ始めている遺伝子検査

糖尿病は、普段の食生活や運動不足などの生活習慣の乱れが原因となったり、遺伝によって発症する確率が高まります。


最近では、がんや心臓病、糖尿病などの病気になりやすい体質かどうかを判定する遺伝子検査があり、次第に広まりつつあります。


今回は、そんな遺伝子検査についての最新ニュースを2つご紹介します。


がん、糖尿病… 唾液でわかる健康リスク アナタの冒されやすさを遺伝子解析

“がんや心臓病、糖尿病といった病に冒されやすい体質かどうかを遺伝子によって解析する検査を、すでに100万人以上が利用しているという。3人に1人はがんになるといわれ、心臓病、糖尿病も患者が激増している日本でもこうした検査が手軽に行われるサービスが1月から始まっている。”

http://www.zakzak.co.jp/health/doctor/news/20140704/dct1407040830001-n1.htm


記事によると、株式会社ジーンクエストが始めた遺伝子検査の最も魅力的なところの一つは病院に行かなくても検査が可能であるということ。
唾液を専用のキットで採取して返送するだけで、結果を同社のHPから見ることができます。
糖尿病や脳卒中、がんなどだけではなく、緑内障や男性型脱毛症、また「我慢強さ」などの正確に及ぶものまで、約200項目についてのリスクやタイプを知ることができます。


料金は49,800円と決して安い金額ではありませんが、この検査では1回の検査の後、医療の最新情報等をずっとメールなどで受け取れるというメリットがあります。


DeNA子会社の「遺伝子検査サービス」が予防医療をもっと身近に


“「MYCODE」では、遺伝子から生活習慣病や癌などのリスク、体質について検査を行う。
例えば生活習慣病であれば糖尿病、高血圧、心臓疾患などの25種類について。癌であれば胃がん、肺がんなど40種類についてのリスクが検査できる。その他の疾病リスクや肥満、肌質といった体質についても検査結果が提供される。”
http://nge.jp/2014/07/11/post-1830″ target=”_blank



こちらの遺伝子検査サービスも株式会社ジーンクエスト同様、唾液を専用キットで採取し、郵送での検査が可能です。
肥満や肌質などの体質を検査するコース、がんや生活習慣病などを検査するコース、検査可能な283項目すべてを検査するフルコース、の3コースが用意され、それぞれ検査費用が異なります。


遺伝子情報を知って、早めに予防対策

遺伝子検査の結果がたとえ病気になりやすい体質だったからと言って、すべての人がその病気になるわけではありません。
しかし、自分の体のことを真剣に考え、病気予防のために生活習慣を見直す良いきっかけになるかもしれません。


検査費用は少し高いですが、遺伝子解析結果とともに、予防方法のアドバイスや最新情報など、有益な情報を受け取ることができるのも魅力です。
検査自体は手軽に受けられるので、試してみるのも良いかもしれませんね。

PR注目記事

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑のサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

突然ですが、問題です。

日本人で糖尿病の可能性がある人はどのくらいいるでしょう?
1. 6人にひとり
2. 9人にひとり
3. 13人にひとり

新着糖尿病レシピ

中華風豆乳鍋

198kcal

5.7g

1g

さつまいものごま団子

99.9kcal

1.5g

0.05g

その他の記事

卵は体に良い!?糖尿病患者さんにうれしい最新研究結果

「卵(鶏卵)は1日1個まで」「卵を食べるとコレステロール値が上がるので良くない」などということを耳にしたことがあるのではないでしょうか。 糖尿病患者さんはコレステロール値も注意しなければならない ...

【PR】1日1万歩が目標!ウォーキングプロジェクトの取り組み

糖尿病患者さんのためのあらゆる情報発信を行う「糖尿病とうまくつきあう」を運営するサンスター社がこの度、その取り組みの一環として「Good Walking Project(以下、GWP)~みんなで歩いて ...

ヨーグルトは、花粉症にも糖尿病にも効く!?

厳しい寒さが次第に緩んで、ようやく春の気配を感じられるようになるとやってくる花粉の季節。花粉症の方にとっては何ともつらい季節です。 マスクやメガネ、薬など、さまざまな対策がありますが、最近注目されて ...

「夜の出勤」が糖尿病へのリスクを高める!?

日本のサラリーマンの働き方もフレックスタイム制度や裁量労働制など、最近は随分と増えてきました。 ノー残業デーなどを実施している企業もよく耳にしますよね。 ただその中で、シフト制で働く必要があり、夜 ...

糖尿病治療の最新動向!データから見る新たな合併症の罹患リスク

1889年、ドイツで膵臓を摘出した犬がもれなく糖尿病に罹るということがわかり、膵臓と糖尿病との関係が指摘されて以来、人においても治療に関する研究が世界各地で行われるようになり、現在でも研究が続いていま ...

全国でイベントが開催!2014年世界糖尿病デー

来る11月14日は「世界糖尿病デー」です。 日本だけでなく、世界中のあちこちで様々なイベントが開催されます。 ですが、世界糖尿病デーとは何なのか、どんなイベントが行われるのか、あまり知らない方もい ...

< 一覧へ戻る

Facebook始めました!レシピ集更新中!
ニュースレター登録
糖尿病とうまくつきあう

糖尿病レシピランキング

人気記事

糖尿病最新情報

最新記事

PAGETOP