新型たばこも要注意。喫煙を控えることが大切です

新型たばこでも健康に影響が出る可能性

喫煙は脳卒中や心筋梗塞、がんといった深刻な症状をはじめ、さまざまなリスクを高める習慣です。たばこが健康に害をおよぼすのは誰でも同じですが、糖尿病患者さんの場合は血管障害の進行を促すため、特に危険であり、すぐに止めるべき習慣とされています。

一方、過熱式たばこや非燃焼式たばこ、電子たばこといった製品は「新型たばこ」と呼ばれ、従来の「燃焼式たばこ」と呼ばれるたばこ製品と区別されています。

これらの新型たばこは、燃焼式のたばこをやめられない人、あるいはやめる意思のない人にとっては、健康被害の低減につながるとして、燃焼式たばこの代替品として使用するという考え方があります。しかし、これらの新型たばこの使用が病気や死亡リスクの低下につながるという科学的証拠は充分に得られておらず、結論が得られるまでにはかなりの時間がかかると考えられています。

さらに一般社団法人日本呼吸器学会は「非燃焼式・加熱式たばこの主流煙中には燃焼式タバコとほぼ同レベルのニコチンや揮発性化合物(アクロレイン、ホルムアルデヒド)、約3倍のアセナフテン(多芳香環炭化水素物)等の有害物質が含まれている」などの報告結果を紹介した上で「使用者にとっても、受動喫煙させられる人にとっても、非燃焼・加熱式タバコや電子タバコの使用は推奨できません」という見解を公表しています。

1 2 3

注目記事

記事一覧
健康道場「緑でサラナ」
健康道場「緑でサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

突然ですが、問題です。

日本人で糖尿病の可能性がある人はどのくらいいるでしょう?
1. 6人にひとり
2. 9人にひとり
3. 13人にひとり

>> 正解はこちら
第6回 糖尿病川柳入賞作品発表

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病の症状

記事一覧を見る

糖尿病コラム

記事一覧を見る

糖尿病最新情報

記事一覧を見る

糖尿病セルフチェック

記事一覧を見る
予防 体験談 原因 検査 糖尿病 血糖