【医師監修】夏は虫刺されの危険がいっぱい!?屋内・山・海で刺されやすい虫とは

家の中で刺されやすい虫

イエダニ…体長0.7mmほどの小さなダニです。ふだんはネズミに寄生しているため、ネズミのいる古い家で刺されることがあります。布団や服の中にも潜り込み、手足よりも皮膚の柔らかいお腹や太ももの裏を刺す傾向があります。
アカイエカ…下水溝などから発生し、家の中に入り込むことの多い、赤茶色の蚊です。日没以降の時間帯にもっとも活発に活動し、吸血する動物を探して飛び回ります。寝ている間にたくさん刺された、という場合はアカイエカかもしれません。

山・草むらで刺されやすい虫

・ヒトスジシマカ(ヤブカ)…黒い体で、背中に白い筋状の模様を持ちます。日の出・日の入り前後の時間帯に活発に活動します。潜伏場所で待ち伏せ、やってきた動物を吸血します。公園や墓地などに生息し、屋外で刺されることの多い蚊です。バケツや古タイヤ、ブルーシートのくぼみなど、ちょっとした場所にたまった水が発生源となります。
・マダニ…民家の裏山や畑、その周囲のあぜ道などに生息しています。皮膚にくっついているマダニを無理に引きはがそうとすると、マダニの口器が皮膚内に残ってしまうことがあるのでご注意ください。
・チャドクガ(幼虫)…ツバキやサザンカなどの葉の裏に密集していることの多い毛虫です。毒針のある毛に触れると、びっしりと赤い斑点があらわれます。幼虫は毒針毛を発射するため、直接幼虫に触れなくても、樹木に近づいただけで被害を受けることがあります。

水辺で刺されやすい虫

・ブユ…体長2~5mmほどの小さな黒い虫です。渓流のようなきれいな水が流れるところに生息します。山やキャンプ場に行く時には要注意です。刺されるとチクッと痛みを感じ、小さな赤い点(出血点)ができます。時間が経つと赤く腫れあがり、猛烈にかゆくなります。
・ヌカカ…お米の糠のように小さい、という意味の名前を持つ小さな虫で、体長は1.5mmほどです。網戸の隙間をすり抜けて屋内に入ってきてしまうのが厄介なところです。森林や海岸で出くわすことが多く、場所によっては大量発生することもあります。

1 2 3

注目記事

記事一覧
健康道場「緑でサラナ」
健康道場「緑でサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

突然ですが、問題です。

日本人で糖尿病の可能性がある人はどのくらいいるでしょう?
1. 6人にひとり
2. 9人にひとり
3. 13人にひとり

>> 正解はこちら
あなたの漢字一文字&熟語2019大募集

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病の症状

記事一覧を見る

糖尿病コラム

記事一覧を見る

糖尿病最新情報

記事一覧を見る

糖尿病セルフチェック

記事一覧を見る
予防 体験談 原因 検査 糖尿病 血糖