食材選びをお助け!糖質、脂質、アルコールに注目した「食材早見表」はこちらから

健康的な生活にはストレスは大敵!カンタン!家でできるストレス解消法5選

日常的に感じるさまざまなストレス。
騒音や大気汚染、酷暑・厳寒などの環境によるものや、人間関係によるもの、病気やケガなどの身体的負傷によるものなど、私たちの日常生活にはストレスが溢れています。

ストレスを溜めこむことによって、頭痛や不眠の原因になったり、肌荒れや便秘を引き起こしたり、精神的に不安定になったりして、それがますますストレスとなり悪循環になってしまいます。

まったくのストレスフリーな状況は難しいものですが、自分で簡単にできるストレス解消法を身に付けておくこともストレスを溜めこまない秘訣です。
今回は、家で簡単にできるストレス解消法をご紹介します。

ストレス解消法1.深呼吸をする

とても簡単な方法ですが、非常に有効で即効性のあり、呼吸はヨガや太極拳などでも基本になっています。

深呼吸のポイントは、気分を落ち着けて腹式呼吸をゆっくり行うこと。
座るか、仰向けに寝た状態で数分間、目を閉じて行うとより効果的です。
もちろん立ったままでも効果はあるので、プレゼンの前などの緊張による一時的なストレスにも効果的です。

ストレス解消法2.アロマオイルやお茶を焚く

アロマなどの香りが心や体に及ぼす影響は多大なものです。
基本的には自分のそのときの気分に合わせて好みの精油や茶葉を焚けば良いですが、特にストレスに効果があるとされているハーブは、イランイラン、カモミール・ローマン、サンダルウッド、ゼラニウム、ネロリ、ラベンダーなどです。
専用のアロマポットや、茶香炉で焚きましょう。

ストレス解消法3.ストレッチ・マッサージをする

ストレスを抱えていると交感神経が優位になり、身体が強張ってしまいがちです。
頭や首、肩、腕、腰など体全身をほぐすようにストレッチをすることで血行が改善され、リラックスできます。

また、親指と人指し指の交差点にある「合谷(ごうこく)」というツボを押すのも効果的です。
このとき、合わせて腹式呼吸も行うとさらに効果的です。

ストレス解消法4.音楽を聴く

よくある方法ですが、音楽によるリラックス効果も大きいものです。
自分の好きな音楽の中から、気分が落ち込んだとき、イライラしたとき用のプレイリストをあらかじめ用意しておくのもおすすめです。

ストレス解消法5.半身浴で汗をかく

汗をかいてスッキリした、という経験がある方も多いのではないでしょうか。
体を動かす、半身浴をする、辛い物を食べる、ヨガをするなど汗をかくには色々な方法があります。
ジムや岩盤浴などは施設に行かないとできませんが、家で行うのは半身浴がおすすめ。
ぬるめのお湯にゆっくり浸かってじっくり汗をかくと、副交感神経が優位になり心身ともにリラックスできます。好みのエッセンシャルオイルを数滴垂らして、アロマ効果も取り入れるのもGoodです。

「食べる」「お酒を飲む」のストレス解消は気を付けて

ストレス解消に「食べる」や「お酒を飲む」ということを挙げる方も多いかもしれません。
確かにこれらは一時的な解消には役立つこともありますが、度が過ぎてしまうと体に負担をかけてさらにストレスになってしまうことがあるので注意が必要です。

今回紹介したストレス解消法は、家の中ですぐに実践できる簡単なものばかりです。
過度なストレスをため込む前に、自分がリラックスできる方法をいくつか持っておくと良いですね。

Photo

第1回 外食について

今回のアンケートでは糖尿病患者さんと糖尿病予備群の方に「外食」についてお聞きしました!
外食の頻度や、外食で困っていること、さらにみなさんが実践しているメニューの選び方など外食時の工夫についてもご紹介します

アンケート結果をみる

第1回 外食について

Photo

今回のアンケートでは糖尿病患者さんと糖尿病予備群の方に「外食」についてお聞きしました!
外食の頻度や、外食で困っていること、さらにみなさんが実践しているメニューの選び方など外食時の工夫についてもご紹介します

アンケート結果をみる

糖尿病の放置はNG! 気をつけたい6大合併症とは?
糖尿病の放置はNG! 気をつけたい6大合併症とは?

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?

体の異変に早めに気づくためには日々の自己管理が大切ですよね。体重や血糖値、HbA1cの推移を把握しておくのも管理方法の1つだと思います。
そこで、今回のテーマはこちら!
「手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?」

このトークルームを見る

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

血糖値を下げる働きをもつホルモンは「インスリン」、では血糖値を上げる働きをもつホルモンは何でしょう?
1. ドーパミン
2. グルカゴン
3. グレリン

正解はこちら

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病の症状

記事一覧を見る

糖尿病コラム

記事一覧を見る

糖尿病最新情報

記事一覧を見る

糖尿病セルフチェック

記事一覧を見る
予防 体験談 原因 検査 糖尿病 血糖
×BannerBanner