糖尿病コラム

健康的な生活にはストレスは大敵!カンタン!家でできるストレス解消法5選

日常的に感じるさまざまなストレス。
騒音や大気汚染、酷暑・厳寒などの環境によるものや、人間関係によるもの、病気やケガなどの身体的負傷によるものなど、私たちの日常生活にはストレスが溢れています。


ストレスを溜めこむことによって、頭痛や不眠の原因になったり、肌荒れや便秘を引き起こしたり、精神的に不安定になったりして、それがますますストレスとなり悪循環になってしまいます。


まったくのストレスフリーな状況は難しいものですが、自分で簡単にできるストレス解消法を身に付けておくこともストレスを溜めこまない秘訣です。
今回は、家で簡単にできるストレス解消法をご紹介します。


ストレス解消法1.深呼吸をする

とても簡単な方法ですが、非常に有効で即効性のあり、呼吸はヨガや太極拳などでも基本になっています。


深呼吸のポイントは、気分を落ち着けて腹式呼吸をゆっくり行うこと。
座るか、仰向けに寝た状態で数分間、目を閉じて行うとより効果的です。
もちろん立ったままでも効果はあるので、プレゼンの前などの緊張による一時的なストレスにも効果的です。


ストレス解消法2.アロマオイルやお茶を焚く

アロマなどの香りが心や体に及ぼす影響は多大なものです。
基本的には自分のそのときの気分に合わせて好みの精油や茶葉を焚けば良いですが、特にストレスに効果があるとされているハーブは、イランイラン、カモミール・ローマン、サンダルウッド、ゼラニウム、ネロリ、ラベンダーなどです。
専用のアロマポットや、茶香炉で焚きましょう。


ストレス解消法3.ストレッチ・マッサージをする

ストレスを抱えていると交感神経が優位になり、身体が強張ってしまいがちです。
頭や首、肩、腕、腰など体全身をほぐすようにストレッチをすることで血行が改善され、リラックスできます。


また、親指と人指し指の交差点にある「合谷(ごうこく)」というツボを押すのも効果的です。
このとき、合わせて腹式呼吸も行うとさらに効果的です。


ストレス解消法4.音楽を聴く

よくある方法ですが、音楽によるリラックス効果も大きいものです。
自分の好きな音楽の中から、気分が落ち込んだとき、イライラしたとき用のプレイリストをあらかじめ用意しておくのもおすすめです。


ストレス解消法5.半身浴で汗をかく

汗をかいてスッキリした、という経験がある方も多いのではないでしょうか。
体を動かす、半身浴をする、辛い物を食べる、ヨガをするなど汗をかくには色々な方法があります。
ジムや岩盤浴などは施設に行かないとできませんが、家で行うのは半身浴がおすすめ。
ぬるめのお湯にゆっくり浸かってじっくり汗をかくと、副交感神経が優位になり心身ともにリラックスできます。好みのエッセンシャルオイルを数滴垂らして、アロマ効果も取り入れるのもGoodです。


「食べる」「お酒を飲む」のストレス解消は気を付けて

ストレス解消に「食べる」や「お酒を飲む」ということを挙げる方も多いかもしれません。
確かにこれらは一時的な解消には役立つこともありますが、度が過ぎてしまうと体に負担をかけてさらにストレスになってしまうことがあるので注意が必要です。


今回紹介したストレス解消法は、家の中ですぐに実践できる簡単なものばかりです。
過度なストレスをため込む前に、自分がリラックスできる方法をいくつか持っておくと良いですね。

PR注目記事

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑のサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

突然ですが、問題です。

日本人で糖尿病の可能性がある人はどのくらいいるでしょう?
1. 6人にひとり
2. 9人にひとり
3. 13人にひとり

新着糖尿病レシピ

中華風豆乳鍋

198kcal

5.7g

1g

さつまいものごま団子

99.9kcal

1.5g

0.05g

その他の記事

男性糖尿病患者さんは高確率で経験。EDと糖尿病の関係は?

男性特有の病気であるED(勃起障害)は血糖コントロールと関係しており、男性の糖尿病患者さんは特にリスクが高いと考えられています。 NIDDK(米国国立糖尿病・消化器・腎疾患研究所)が行った調査で ...

乾燥シーズンの到来! 糖尿病と皮膚トラブルの関係は?

空気が乾燥する冬は、暖房器具などの影響も加わり皮膚が乾燥しやすいシーズンです。特に糖尿病患者さんの場合皮膚が乾燥しやすく、皮膚トラブルを起こしやすいので注意が必要だといえます。 今回は、糖尿病と ...

糖尿病が危険因子!? 糖尿病とすい臓がんの深い関係

日本人の死亡原因第1位であるがんは、糖尿病患者さんに限らず注意が必要な疾患です。なかでもすい臓がんは自覚症状が現れにくく、早期の発見が難しいがんだとされています。じつは、糖尿病患者さんはすい臓がんを発 ...

糖尿病はインフルエンザのリスクにも影響。予防接種で対策を

冬に流行をみせるインフルエンザは、誰にとっても注意しなければいけない症状です。特に、糖尿病患者さんの場合は、その症状のリスクが高いことが知られており、入念な予防が欠かせません。 ワクチンの予防接 ...

動脈硬化対策にウォーキング。継続するメリットとは?

糖尿病患者さんにとって、大きなリスクである動脈硬化。そのリスクを低減する生活習慣の一つがウォーキングをはじめとする有酸素運動です。   今回は、動脈硬化のリスクをおさらいしつつ、人間の脳や感覚、身 ...

命に関わるCKD。積極的なチェックで対策を

近年、CKD(慢性腎臓病)という疾病概念が新たに提唱され、この対策が急務の課題として位置づけられました。腎臓の病気が以前よりも深刻なものと考えられるようになった背景には、糖尿病の合併症である糖尿病性腎 ...

< 一覧へ戻る

Facebook始めました!レシピ集更新中!
ニュースレター登録
糖尿病とうまくつきあう

糖尿病レシピランキング

人気記事

糖尿病コラム

最新記事

PAGETOP