【医師監修】妊娠糖尿病と糖尿病の違いを知って、正しく備えましょう

妊娠糖尿病と糖尿病の違いとは?

簡潔に説明すると、妊娠糖尿病とは「妊娠してから見つかった糖尿病に至っていない糖代謝異常」ということです。糖代謝異常の程度は通常の糖尿病よりも軽く、また、妊娠した後で見つかったり発症した症状という点が特徴です。

妊娠糖尿病に近い状況に、もともと糖尿病を発症していた人が妊娠するケースがあります。この場合は「糖尿病合併妊娠」と呼ばれ、妊娠糖尿病とは区別されています。他にも、妊娠してから妊娠糖尿病よりも高い基準の糖代謝異常が見つかることがあります。この場合は「妊娠中の明らかな糖尿病」と呼ばれています。

比較的軽い糖代謝異常といっても、妊娠中の高血糖はお母さんと胎児・新生児の両方に影響をおよぼす可能性があります。例えば、お母さんには妊娠高血圧症候群や羊水量の増加が起こり、流産、早産のリスクが高まります。胎児や新生児も、巨大児になって帝王切開が必要になるケースや、肩甲難産、新生児低血糖といった影響があらわれる場合があり、最悪の場合、子宮内で胎児が亡くなってしまう可能性もあります。

1 2 3

注目記事

記事一覧
健康道場「緑でサラナ」
健康道場「緑でサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

突然ですが、問題です。

日本人で糖尿病の可能性がある人はどのくらいいるでしょう?
1. 6人にひとり
2. 9人にひとり
3. 13人にひとり

>> 正解はこちら
第6回 糖尿病川柳入賞作品発表

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病の症状

記事一覧を見る

糖尿病コラム

記事一覧を見る

糖尿病最新情報

記事一覧を見る

糖尿病セルフチェック

記事一覧を見る
予防 体験談 原因 検査 糖尿病 血糖