食材選びをお助け!糖質、脂質、アルコールに注目した「食材早見表」はこちらから

失業中の人・再就職したばかりの人は、脳卒中に要注意

ストレスが脳卒中を引き起こす

この調査において失業経験者の脳卒中リスクが上昇した理由としては、失業による精神的なストレスの増加や、抑うつなどの精神的な健康状態の悪化、飲酒量の増加といった、さまざまな変化が原因だと考えられています。

さらに男性においては、無職から再就労した場合でも、脳卒中リスクの上昇が確認されました。再就職した人の脳卒中リスクが上昇する理由には、職を失わないために無理をしてしまうことや、失職の恐れによる精神的なストレスが増加するなどの理由があると考えられています。

研究グループはこの結果を受けて、再就労者や失職者の健康管理にも充分に注意する必要があると指摘しています。

この研究の他にも、ストレスの多い仕事に就いている人は脳卒中の発症リスクが高まる傾向があることや、離婚や死別によって配偶者を失った人は脳卒中のリスクが上昇することを示した研究結果も報告されており、ストレスは脳卒中リスクの上昇に関わっている可能性が高いと考えられています。

こうしたリスクを下げるためには、根本的な問題であるストレスを緩和することが大切です。たとえば、先述のストレスの多い仕事と脳卒中リスクの関係についての研究を行った中国の南方医科大学のユリ ヒュリアン氏は「ストレスの多い仕事に就いている人は、生活習慣の改善を指導するとともに、仕事の裁量や自由度を増やすように調整し、ストレスレベルを下げる介入が必要となる」と述べています。

生活環境の変化にともなうストレスは、脳卒中という深刻な症状のリスクを上昇させてしまう可能性があります。

厳しい状況の中でストレスを減らすのは簡単ではありませんが、特に糖尿病患者さんや予備群の方たちは、なるべく心理的な負担を減らす生活を心がけたり、生活習慣に注意したりして、脳卒中のリスクにつながるストレスを緩和させましょう。

参照・参考
国立研究開発法人 国立がん研究センター 社会と健康研究センター 予防研究グループ│就労状況の変化と脳卒中発症・死亡リスクとの関連

Photo

第1回 外食について

今回のアンケートでは糖尿病患者さんと糖尿病予備群の方に「外食」についてお聞きしました!
外食の頻度や、外食で困っていること、さらにみなさんが実践しているメニューの選び方など外食時の工夫についてもご紹介します

アンケート結果をみる

第1回 外食について

Photo

今回のアンケートでは糖尿病患者さんと糖尿病予備群の方に「外食」についてお聞きしました!
外食の頻度や、外食で困っていること、さらにみなさんが実践しているメニューの選び方など外食時の工夫についてもご紹介します

アンケート結果をみる

1 2 3

糖尿病の放置はNG! 気をつけたい6大合併症とは?
糖尿病の放置はNG! 気をつけたい6大合併症とは?

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?

体の異変に早めに気づくためには日々の自己管理が大切ですよね。体重や血糖値、HbA1cの推移を把握しておくのも管理方法の1つだと思います。
そこで、今回のテーマはこちら!
「手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?」

このトークルームを見る

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

血糖値を下げる働きをもつホルモンは「インスリン」、では血糖値を上げる働きをもつホルモンは何でしょう?
1. ドーパミン
2. グルカゴン
3. グレリン

正解はこちら

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病の症状

記事一覧を見る

糖尿病コラム

記事一覧を見る

糖尿病最新情報

記事一覧を見る

糖尿病セルフチェック

記事一覧を見る
予防 体験談 原因 検査 糖尿病 血糖
×BannerBanner