糖尿病最新情報

「夜の出勤」が糖尿病へのリスクを高める!?

日本のサラリーマンの働き方もフレックスタイム制度や裁量労働制など、最近は随分と増えてきました。
ノー残業デーなどを実施している企業もよく耳にしますよね。
ただその中で、シフト制で働く必要があり、夜勤があるのが普通という職種も多々存在します。
医師や看護師、消防員や警察官、飲食店職員の方々も当てはまるでしょうか。

私たちの生活にとって、今やなくてはならないと言っても過言ではない職種の方々ですが、その夜に働くということが実は糖尿病へのリスクを高める、という研究結果が発表されました。
いったいどんな結果なのかを見ていきましょう。


参照:米エディス・ノース・ロジャース・メモリアル・ベテランズ・アフェアーズ・メディカルセンターのバーシャ・ビマラナンダ氏らの研究グループ


糖尿病ではない2万8千人近くの人を調査

夜の出勤、糖尿病のリスクを高める、欧州糖尿病学会の有力誌で報告
http://www.mededge.jp/a/hcgo/7278

今回の研究結果を発表したのはアメリカの研究グループなのですが、そのアメリカでは黒人女性の12.6%、白人女性の4.5%が糖尿病にかかっており、黒人女性の方が糖尿病にかかりやすい傾向があるようです。
そのため研究グループは、糖尿病ではない黒人女性2万8,041人を対象に夜の出勤と糖尿病の関係性について8年間にわたって調査をしたそうです。


たばこや肥満は無関係!?夜の出勤経験の年数でリスクは増大

調査対象となった黒人女性のうち、夜の出勤の経験がある人は37%であり、そのうち少なくとも10年続けている人は5%だったそうです。
結果として8年後に糖尿病になったのは1,786人という結果が出ています。
気になる糖尿病になるリスクですが、夜の出勤年数が1~2年の場合には17%、3~9年の場合には23%、10年以上になるとなんと42%もリスクの増加幅が増えてしまうそうです。
また、この結果にはたばこを吸っていたり、肥満であるということは無関係だというから驚きです。

糖尿病は生活習慣病としても知られており、主な原因は肥満や運動不足、過食などから起こる体内のインスリン分泌の低下や作用不足によって血糖値のコントロールができなくなってしまうというものです。
たばこと糖尿病の関係に関しては日本人を対象とした調査で、1日20本の喫煙を25年間続けた場合、糖尿病になるリスクは吸わない方の1.6倍に高まるという報告もあります。

しかし今回の研究では、食事や喫煙などの生活要因とBMIといった関係する条件で調整したとしても、夜の勤務の経験の長さは糖尿病のリスクと関係しているという結果なんだそうです。
つまり、たばこを吸っていようと太っていようと関係なく夜に出勤をすればするほど糖尿病になるリスクは高いということですね。



若い人ほど「夜の出勤」は糖尿病に深く関係

さらに調査の結果によると、若い女性ほど夜の出勤での糖尿病のリスクがより高まる傾向にあるようです。

10年以上夜の出勤をしている人が糖尿病になるリスクは、その経験のない人と比べると、50歳以上の女性では17%高いという結果だったのに対して、50歳未満の女性で39%高いという結果が出ています。
研究者の方によれば、「サーカディアンリズム」という昼と夜の身体のリズムが狂ってしまうことで、代謝に影響を及ぼしてしまうようです。

糖尿病の原因は「糖代謝の異常」であるということからみても、代謝に影響を及ぼすということは関係性が深いのかもしれません。


参照:「サーカディアンリズム」


夜の出勤がある人は日々の健康に気を付けて

私たちの日常生活を支えてくれている、夜勤をしている人たちには是非感謝の気持ちもこめて健康でいてもらいたいものです。
そのためには、日々の食生活と適度な運動がとても大切になってきます。またサボってしまいがちな健康診断も定期的にしっかりと受けることでさらなる予防になります。

仕事柄夜勤のある人は、今まで以上にアンテナを張っていただけると未然に防げる可能性が高くなるかもしれませんよ?

今回の研究は女性にスポットを当てたものでしたが、今後男性の研究結果も非常に気になるところです。報告があることを待ちましょう。

PR注目記事

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑のサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

突然ですが、問題です。

日本人で糖尿病の可能性がある人はどのくらいいるでしょう?
1. 6人にひとり
2. 9人にひとり
3. 13人にひとり

新着糖尿病レシピ

中華風豆乳鍋

198kcal

5.7g

1g

さつまいものごま団子

99.9kcal

1.5g

0.05g

その他の記事

卵は体に良い!?糖尿病患者さんにうれしい最新研究結果

「卵(鶏卵)は1日1個まで」「卵を食べるとコレステロール値が上がるので良くない」などということを耳にしたことがあるのではないでしょうか。 糖尿病患者さんはコレステロール値も注意しなければならない ...

【PR】1日1万歩が目標!ウォーキングプロジェクトの取り組み

糖尿病患者さんのためのあらゆる情報発信を行う「糖尿病とうまくつきあう」を運営するサンスター社がこの度、その取り組みの一環として「Good Walking Project(以下、GWP)~みんなで歩いて ...

ヨーグルトは、花粉症にも糖尿病にも効く!?

厳しい寒さが次第に緩んで、ようやく春の気配を感じられるようになるとやってくる花粉の季節。花粉症の方にとっては何ともつらい季節です。 マスクやメガネ、薬など、さまざまな対策がありますが、最近注目されて ...

糖尿病治療の最新動向!データから見る新たな合併症の罹患リスク

1889年、ドイツで膵臓を摘出した犬がもれなく糖尿病に罹るということがわかり、膵臓と糖尿病との関係が指摘されて以来、人においても治療に関する研究が世界各地で行われるようになり、現在でも研究が続いていま ...

全国でイベントが開催!2014年世界糖尿病デー

来る11月14日は「世界糖尿病デー」です。 日本だけでなく、世界中のあちこちで様々なイベントが開催されます。 ですが、世界糖尿病デーとは何なのか、どんなイベントが行われるのか、あまり知らない方もい ...

< 一覧へ戻る

Facebook始めました!レシピ集更新中!
ニュースレター登録
糖尿病とうまくつきあう

糖尿病レシピランキング

人気記事

糖尿病最新情報

最新記事

PAGETOP