食材選びをお助け!糖質、脂質、アルコールに注目した「食材早見表」はこちらから

【医師監修】照り返しにも注意!夏の皮膚トラブル「日焼け」を予防しよう

下からの紫外線にもご注意!

日焼け対策というと、上空から降り注ぐ日光だけに気をとられがちです。しかし、「下」からやってくる紫外線もあなどれません。

紫外線は地表面で反射し、人体にはねかえります。その反射率は、新雪ではなんと80%にも達します。「雪焼け」ができるのも納得ですね。そのほか水面では10~20%、砂浜では10~25%が、アスファルトでも10%が反射します。こうした下からの紫外線を防ぐには、帽子や日傘だけでは不十分です。首やあご下、足の甲など、照り返しを受けやすい場所にもしっかり日焼け止めを塗ってケアしましょう。

免疫力が低下し、また血管障害によって血流が滞っている糖尿病の患者さんは、皮膚感染症を起こしやすい状態にあります。日焼けのために炎症が生じた皮膚は特に細菌感染にかかりやすく、いつもよりも入念なケアが必要です。特に「足」の日焼けは腕や背中に比べて盲点になりがちです。気づかないうちに重症化させてしまうことのないよう、炎天下を歩いた日には慎重にチェックしておきましょう!

参照・参考
日焼け Q4 – 皮膚科Q&A(公益社団法人日本皮膚科学会)
公開特許公報(A)_サイトカイン生成抑制剤およびそれを含有する化粧品組成物
抗炎症性サイトカイン:バイオキーワード集|実験医学online:羊土社
サンバーン – 14. 皮膚疾患 – MSDマニュアル プロフェッショナル版
糖尿病診療ガイドライン2016
サイトカイン|研究用語辞典|研究.net
日本運動免疫学研究会/ホームページ
サイトカイン(cytokine)|用語集|日本ビフィズス菌センター
機能性化粧品「アスタリフト ホワイトニング エッセンス」の開発
歯周病予防オモテ(WEB用)
代償性抗炎症反応症候群 日本救急医学会・医学用語解説集
大村クリニック|診療案内
紫外線環境保健マニュアル2008
紫外線環境保健マニュアル2015
夏を上手に乗り切る方法・沖縄県立北部病院
夏の糖尿病 – 山東クリニック
細菌による皮膚感染症の概要 – 17. 皮膚の病気 – MSDマニュアル家庭版
日焼け・日光皮膚炎・色素性乾皮症なら新しい皮膚科学|皮膚病全般に関する最新情報を載せた皮膚科必携テキスト
街中でも日焼けに注意!やっておくべき紫外線対策 | [世田谷区版] 住まいスマイ.com

1 2 3

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?

体の異変に早めに気づくためには日々の自己管理が大切ですよね。体重や血糖値、HbA1cの推移を把握しておくのも管理方法の1つだと思います。
そこで、今回のテーマはこちら!
「手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?」

このトークルームを見る

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

血糖値を下げる働きをもつホルモンは「インスリン」、では血糖値を上げる働きをもつホルモンは何でしょう?
1. ドーパミン
2. グルカゴン
3. グレリン

正解はこちら

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病の症状

記事一覧を見る

糖尿病コラム

記事一覧を見る

糖尿病最新情報

記事一覧を見る

糖尿病セルフチェック

記事一覧を見る
予防 体験談 原因 検査 糖尿病 血糖
×BannerBanner