食材選びをお助け!糖質、脂質、アルコールに注目した「食材早見表」はこちらから

【医師監修】照り返しにも注意!夏の皮膚トラブル「日焼け」を予防しよう

「サンバーン」と「サンタン」

日焼けには大きく分けて、「サンバーン」と「サンタン」の2種類があります。

・サンバーン
強い日光にあたってから数時間であらわれる、赤くひりひりした日焼けです。
紫外線によって起こるやけどのような症状で、水ぶくれが起こったり、薄皮がめくれることもあります。
サンバーンを起こした皮膚は数日で元の状態に戻ります。

・サンタン
強い日光にあたってから数日たってあらわれる、皮膚が黒くなる日焼けです。
紫外線への防衛反応のためメラニンが生成されて、皮膚に色素沈着が起こるため生じます。
痛みや水ぶくれなどの激しい症状はありませんが、皮膚が元の状態に戻るには数週間から数か月かかります。

日焼けを引き起こす紫外線、UV-B

紫外線は波長によってUV-A、UV-B、そしてUV-Cの3種類に分けられます。

・UV-A:波長315~400mmの紫外線です。オゾン層ではあまり吸収されず、地表まで到達します。UV-Bに比べると生物への害は小さいとされていますが、長時間浴び続けると影響が出ます。
・UV-B:波長280~315mmの紫外線です。オゾン層で大半が吸収され、0.1%程度が地表に到達します。日焼けや皮膚がんの主な原因となる紫外線です。
・UV-C:波長100~280mmの紫外線です。オゾン層ですべてが吸収され、地表には到達しません。

1 2 3

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?

体の異変に早めに気づくためには日々の自己管理が大切ですよね。体重や血糖値、HbA1cの推移を把握しておくのも管理方法の1つだと思います。
そこで、今回のテーマはこちら!
「手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?」

このトークルームを見る

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

血糖値を下げる働きをもつホルモンは「インスリン」、では血糖値を上げる働きをもつホルモンは何でしょう?
1. ドーパミン
2. グルカゴン
3. グレリン

正解はこちら

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病の症状

記事一覧を見る

糖尿病コラム

記事一覧を見る

糖尿病最新情報

記事一覧を見る

糖尿病セルフチェック

記事一覧を見る
予防 体験談 原因 検査 糖尿病 血糖
×BannerBanner