糖尿病を予防しよう!病院や地方自治体が実施する「糖尿病予防教室」とは?

日本人の5人に1人が糖尿病と言われるほど、近年糖尿病患者数は激増し、誰にとっても他人事ではありません。
糖尿病の9割以上を占める2型糖尿病は、ある日突然発症する病気ではありません。日頃の食習慣の乱れや長年の運動不足、遺伝、加齢などさまざまな要因が積み重なって起きる生活習慣病です。
また、糖尿病は初期症状に乏しく、気付いたときには進行してしまっていることも多い病気。そのため最近では、糖尿病を事前に防いだり、さらなる進行を食い止めるために、病院や地方自治体による「糖尿病予防教室」が各地で開かれています。

「糖尿病予防教室」って?

「糖尿病予防教室」は、実施する病院や地方自治体によってその内容はいろいろですが、次のようなことが行われます。

「糖尿病予防教室」で行われる内容

  • 医師、保健師、管理栄養士などの糖尿病に関するさまざまなテーマの講話
  • スポーツインストラクターと運動、ウォーキング
  • 体重、体脂肪などの測定
  • 個別面談    など

対象者も場合によりけりですが、現在糖尿病を治療している患者さん、そのご家族、検診で血糖値が高めと診断された方、今は異常がないけれど糖尿病が心配な方、など基本的には幅広い方に向けて開催されています。それぞれの講話の内容は、「糖尿病の検査数値について」「糖尿病と歯周病」「バランスのとれた食事と外食」「効果的な運動方法」「糖尿病と合併症」など、糖尿病の気になる内容について、専門的に詳しく解説してもらうことができます。
1~3か月の間に、月1、2回の開催頻度で無料のものが多いようです。

自覚症状がほとんどない状態で進行する網膜症

糖尿病も初期の段階には自覚症状が出づらいと言われますが、網膜症も同様に初期の自覚症状に乏しい病気。網膜の血管が少し出血しているだけでは、自分ではなかなか異変に気付くことが難しいと言われています。

「目が見えづらくなった(視力低下)」「目がかすむ」「黒い点が飛んでいるように見える(飛蚊症)」などの網膜症の症状が出たときには、病気が進行してしまっていることも多いものです。末期になると、眼の中で大きな出血を起こしたり、網膜剥離などを起こして、最悪の場合、ある日突然失明してしまうこともあります。

糖尿病の理解を深める。同じ境遇の方とも出会え、一緒に治療に励むことができる

「糖尿病予防教室」の目的は、糖尿病という病気への理解も深め、各自が生活習慣の見直しを行っていくこと。糖尿病患者さん、あるいは血糖値が高めの方も、教室参加後は血糖値が低下するケースも多いようです。

糖尿病の治療を始めると、食事や運動など日常生活の制限がかかります。しかしそれまでの生活習慣を改めることは簡単なことではありません。「糖尿病予防教室」では、同じ糖尿病を患っている患者さんや、それを支えている家族の方とコミュニケーションをとり、情報交換をすることによって、お互いに励まし合うことができることもメリットの一つと言えるでしょう。

病院や自治体のHPをチェック。気になる場合は問合せを

「糖尿病予防教室」を開催する病院や自治体も増えてきましたが、どこでもやっているというわけではなく、開催時期・時間・内容などもまちまちです。気になる場合は、自分の住む地域の病院や自治体のHPをまずチェックしてみましょう。出向いた際に、尋ねてみてもよいでしょう。
きっとためになる情報が得られると思いますよ。

(ただし、網膜症と診断された場合には、激しい運動の刺激が眼底出血のきっかけになることもあるため、医師とよく相談しましょう。)

注目記事

記事一覧
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑でサラナ」
健康道場「緑でサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

突然ですが、問題です。

日本人で糖尿病の可能性がある人はどのくらいいるでしょう?
1. 6人にひとり
2. 9人にひとり
3. 13人にひとり

>> 正解はこちら

記事ランキング

カテゴリ一覧

毎週届く 糖尿病関連ニュースレター便利な糖尿病サポートツールもご利用いただけます 糖尿病適応度チェック 16問の質問に答えて、あなたと糖尿病の関係を確認してみませんか?

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病の症状

記事一覧を見る

糖尿病コラム

記事一覧を見る

糖尿病最新情報

記事一覧を見る

糖尿病セルフチェック

記事一覧を見る
予防 体験談 原因 検査 糖尿病 血糖