喫煙習慣は非常に危険。歯周病との関係を紹介します

喫煙の習慣がある人は歯周病のリスクが高い

国立がん研究センターと東京医科歯科大学からなる研究グループは、多目的追跡調査である「JPHC研究」の一環として、喫煙の習慣と歯周病のリスクの関係を調査しました。

この調査では、1990年に生活習慣などのアンケートに答えてくれた秋田県在住の男女の中で、さらに歯科のアンケート調査に回答し、歯科検診を受診した1,164人(男性552人・女性612人)が対象になりました。

研究グループは対象になった人たちを男女別に、それぞれ「受動喫煙の経験がない非喫煙者」「受動喫煙の経験がある非喫煙者」「喫煙者」の3つのグループに分けました。さらに「6mm以上の歯周ポケットが1歯以上ある」ことを重度の歯周病だと定義した上で、グループごとの歯周病のリスクを比較しました。

その結果、男性の喫煙者は受動喫煙の経験がない非喫煙者の男性に比べて、歯周病のリスクがおよそ3.1倍も高くなりました。喫煙者だけではなく、家庭で受動喫煙の経験がある非喫煙者では3.1倍、家庭と家庭以外の場所で受動喫煙の経験がある非喫煙者では3.6倍と、受動喫煙の経験がある男性も歯周病のリスクが高くなることが明らかになりました。

今回の調査でこうした影響がみられたのは、男性だけでした。その理由としては、女性は喫煙者の数が比較的少なかったり、男性よりもタバコの煙を避けたりする傾向が強いため、受動喫煙の影響を十分に検討できなかった可能性が高いことがあげられます。

この結果から、喫煙の習慣が歯周病の発症に影響するだけではなく、受動喫煙の経験がある人でも歯周病のリスクが高まる可能性があることが示されました。

1 2 3

注目記事

記事一覧
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑でサラナ」
健康道場「緑でサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

突然ですが、問題です。

日本人で糖尿病の可能性がある人はどのくらいいるでしょう?
1. 6人にひとり
2. 9人にひとり
3. 13人にひとり

>> 正解はこちら

記事ランキング

カテゴリ一覧

毎週届く 糖尿病関連ニュースレター便利な糖尿病サポートツールもご利用いただけます 糖尿病適応度チェック 16問の質問に答えて、あなたと糖尿病の関係を確認してみませんか?

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病の症状

記事一覧を見る

糖尿病コラム

記事一覧を見る

糖尿病最新情報

記事一覧を見る

糖尿病セルフチェック

記事一覧を見る
予防 体験談 原因 検査 糖尿病 血糖