喫煙習慣は非常に危険。歯周病との関係を紹介します

歯周病は糖尿病との関わりが深い症状です。重度の歯周病患者さんには2型糖尿病を発症しているか、糖尿病前症である人の割合が高いことが知られています。

実は、喫煙は歯周病の発症リスクを高める習慣のひとつです。さらに日本で行われた調査によって、本人が喫煙をしなくても、受動喫煙で歯周病が進行してしまう可能性が高いことも明らかになりました。

今回はこの調査の内容を中心に、喫煙がおよぼすリスクに関する情報をお伝えします。

1 2 3

注目記事

記事一覧
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑でサラナ」
健康道場「緑でサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

突然ですが、問題です。

日本人で糖尿病の可能性がある人はどのくらいいるでしょう?
1. 6人にひとり
2. 9人にひとり
3. 13人にひとり

>> 正解はこちら
第6回 糖尿病川柳入賞作品発表

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病の症状

記事一覧を見る

糖尿病コラム

記事一覧を見る

糖尿病最新情報

記事一覧を見る

糖尿病セルフチェック

記事一覧を見る
予防 体験談 原因 検査 糖尿病 血糖