食材選びをお助け!糖質、脂質、アルコールに注目した「食材早見表」はこちらから

喫煙が糖尿病の発症リスクを増大!? 喫煙と糖尿病の関係

糖尿病の予防と治療には、まず禁煙を

このように、喫煙がさまざまな形で健康被害をもたらすと分かっても、いざ禁煙となるとハードルが高いというのが喫煙者の方の実感ではないでしょうか。

禁煙の段取りとしては、まず禁煙日を決めて、きっぱりと喫煙をやめる「断煙」と、徐々に量を減らす「減煙」がありますが、前者の「断煙」の方が、禁煙に成功しやすいと言われています。

しかし「断煙」の方法を取った場合に壁となるのが、やはり最初の1週間ではないでしょうか。この点、ペンシルバニア大学の精神医学者であるキャリン・レルマン教授は「1週間禁煙することができたら、その後の半年間まで禁煙を続けられる可能性が高い」と述べています。この意見を参考にして、まずは最初の1週間を乗り切ることを目標に禁煙を目指すのも成功への鍵と言えそうです。

禁煙を始めてすぐは、ニコチン依存度が高いほど、ただ我慢するというだけでは成功に結びつきにくいでしょう。このような場合には、ニコチンパッチやニコチンガムを用いたニコチン置換療法が有効です。ただし注意したいのが、ニコチン置換療法の効果は、その人のニコチン代謝の速度に左右される点です。

すなわち、ニコチン置換療法はニコチン代謝が遅い人に向いており、ニコチン代謝が速い人はニコチン置換療法では喫煙欲求を十分に抑えられない可能性があるというのです。このような場合には、バレニクリンなどの禁煙補助薬による治療の方が高い効果を得やすいと言われています。

ただしバレニクリンは吐き気や頭痛などの副作用をもたらす場合もあるので、医師に相談し、自分に合った禁煙方法を見つけることが肝心です。

禁煙後5年未満は、糖尿病の発症リスクが増加

禁煙が成功した場合にも注意したいのが、糖尿病の予防です。国立がん研究センターと国立国際医療研究センターの研究グループが行った調査によると、禁煙後5年未満は、非喫煙者に比べ、糖尿病の発症リスクが男性で1.42倍、女性で2.84倍、高まることが明らかにされています。

その要因としては、禁煙による食事摂取量の増加と代謝率の低下が関連しているのではないかと見られています。禁煙後、体重増加が見られない場合にも、糖尿病の発症リスクが高まることが認められており、禁煙後は、体重の増加にかかわらず、きちんと定期健診を受け、食事や運動などの健康管理に注意することが大切であるとされます。

喫煙は、長い間、趣味嗜好とされてきましたが、日本呼吸器学会や日本循環器学会などにより作成された「禁煙ガイドライン」では、喫煙は依存症および喫煙関連疾患として、積極的な禁煙治療が必要であるとの見解が示されています。その観点からは、たとえ一度で禁煙できなかったとしても、まずは治療としての禁煙に取り組むことに意義があります。ひとりでうまくいかない場合は禁煙外来なども利用して、今後の健康維持のための第一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

参照・参考
e-ヘルスネット(厚生労働省)│喫煙と糖尿病
一般社団法人 日本循環器学会 禁煙推進委員会│喫煙の健康影響・禁煙の効果
The BMJ│Active and passive smoking and development of glucose intolerance among young adults in a prospective cohort: CARDIA study
AFPBB News│最も適した禁煙治療法、選択のカギは「ニコチン代謝の速さ」
American College of Physicians│Gradual Versus Abrupt Smoking Cessation: A Randomized, Controlled Noninferiority Trial
Penn Medicine News│Patch or Pills? How Quickly Smokers Metabolize Nicotine May Point to Most Effective Way to Quit, Penn Study Finds
国立研究開発法人 国立がん研究センター 社会と健康研究センター 予防研究グループ│禁煙後の糖尿病リスクについて
一般社団法人 日本循環器学会│禁煙ガイドライン(2010年改訂版)

Photo

第1回 外食について

今回のアンケートでは糖尿病患者さんと糖尿病予備群の方に「外食」についてお聞きしました!
外食の頻度や、外食で困っていること、さらにみなさんが実践しているメニューの選び方など外食時の工夫についてもご紹介します

アンケート結果をみる

第1回 外食について

Photo

今回のアンケートでは糖尿病患者さんと糖尿病予備群の方に「外食」についてお聞きしました!
外食の頻度や、外食で困っていること、さらにみなさんが実践しているメニューの選び方など外食時の工夫についてもご紹介します

アンケート結果をみる

1 2 3

糖尿病の放置はNG! 気をつけたい6大合併症とは?
糖尿病の放置はNG! 気をつけたい6大合併症とは?

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?

体の異変に早めに気づくためには日々の自己管理が大切ですよね。体重や血糖値、HbA1cの推移を把握しておくのも管理方法の1つだと思います。
そこで、今回のテーマはこちら!
「手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?」

このトークルームを見る

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

血糖値を下げる働きをもつホルモンは「インスリン」、では血糖値を上げる働きをもつホルモンは何でしょう?
1. ドーパミン
2. グルカゴン
3. グレリン

正解はこちら

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病の症状

記事一覧を見る

糖尿病コラム

記事一覧を見る

糖尿病最新情報

記事一覧を見る

糖尿病セルフチェック

記事一覧を見る
予防 体験談 原因 検査 糖尿病 血糖
×BannerBanner