糖尿病コラム

喫煙が糖尿病に良くない理由 ~治療も予防も、禁煙が大切~

糖尿病と喫煙、一見あまり関係のないことのように思えますが、タバコは「百害あって一利なし」とも言われるように、糖尿病にも悪影響を及ぼします。
糖尿病の治療中であっても、また予防という観点からいってもタバコはおすすめできません。


今回は、喫煙がどのように糖尿病と関係しているのかを見ていきます。


喫煙は、血管にさらなるダメージを与え、動脈硬化の進行を早める!

動脈硬化は、LDLと呼ばれる悪玉コレステロールが血管壁に沈着することが原因の1つですが、喫煙はこのLDLが変性させて沈着を促進する作用があります。
さらに喫煙は、LDL(悪玉コレステロール)を増やし、HDL(善玉コレステロール)を減らしてしまうという作用もあります。


糖尿病患者さんは、血糖が高い状態が続くことによって血管にダメージを与えており、動脈硬化が起こりやすくなっていますが、喫煙によって動脈硬化はさらに加速してしまうのです。


喫煙は、インスリンの効きを悪くする!

糖尿病は血糖値を下げるホルモンであるインスリンの分泌が少なくなったり、効きが悪い状態にあります。
喫煙することで、さらにインスリンの効きが悪くなり(「インスリン抵抗性」が高まる)、また効きが悪いことでさらにインスリンを分泌する脾臓に負担をかけ、次第にインスリン分泌量自体を低下させてしまうという悪循環に陥ってしまうのです。

結果、血糖コントロールが悪化し、糖尿病も悪化してしまうのです。


喫煙は、血圧を高め、高血圧と糖尿病は相互に悪影響!

喫煙することによってニコチンが交感神経を刺激し、血管が収縮して血圧が上がります。

糖尿病患者さんは高血圧を併発しているケースが多く、高血圧と糖尿病はインスリンの効きを悪くしたり、血管内の水分量が増えて血管に負担をかけたり、血圧を上げるホルモンが分泌されたりと互いに深い関係があります。また高血圧で血管へのダメージが高まることは、動脈硬化を促進する要因にもなります。


受動喫煙でも注意が必要

自らが喫煙者でなくても、人のタバコの煙を吸っているだけで、喫煙者同様に血管収縮や血圧上昇など悪い影響を与えるため、糖尿病患者さんは特に注意が必要です。

喫煙者の多いカフェや居酒屋などに長時間いることを避けたり、家族に喫煙者がいる場合は禁煙に協力してもらったり別の場所で喫煙してもらうようにしましょう。

また受動喫煙は、糖尿病へ悪影響であるだけでなく、喘息や気管支炎、肺がんなどのリスクも高まります。


禁煙が一人で難しい場合には、禁煙外来などの利用も

このように、喫煙は糖尿病と深い関係があり悪影響を及ぼしてしまうため、できれば禁煙することが望ましいでしょう。
最近ではたくさんの禁煙グッズが販売されているので、ドラッグストアやインターネットでチェックしてみると良いでしょう。

自分一人で禁煙を行うことが困難な場合には、禁煙外来などを利用することもおすすめです。
いくつかの条件を満たせば、保険が適用される場合もあります。


糖尿病の予防や治療のために限らず、健康を保つためにも、喫煙されている方はこれを機に禁煙するのも良いかもしれません。


参照・参考
e-ヘルスネット(厚生労働省)│喫煙と糖尿病
国立循環器病研究センター 循環器病情報サービス│[32]飲酒、喫煙と循環器病
すぐ禁煙.jp(ファイザー)│受動喫煙とは何か?
すぐ禁煙.jp(ファイザー)│禁煙外来へようこそ。お医者さんと一緒に禁煙をはじめませんか?

PR注目記事

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑のサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

突然ですが、問題です。

日本人で糖尿病の可能性がある人はどのくらいいるでしょう?
1. 6人にひとり
2. 9人にひとり
3. 13人にひとり

新着糖尿病レシピ

中華風豆乳鍋

198kcal

5.7g

1g

さつまいものごま団子

99.9kcal

1.5g

0.05g

その他の記事

男性糖尿病患者さんは高確率で経験。EDと糖尿病の関係は?

男性特有の病気であるED(勃起障害)は血糖コントロールと関係しており、男性の糖尿病患者さんは特にリスクが高いと考えられています。 NIDDK(米国国立糖尿病・消化器・腎疾患研究所)が行った調査で ...

乾燥シーズンの到来! 糖尿病と皮膚トラブルの関係は?

空気が乾燥する冬は、暖房器具などの影響も加わり皮膚が乾燥しやすいシーズンです。特に糖尿病患者さんの場合皮膚が乾燥しやすく、皮膚トラブルを起こしやすいので注意が必要だといえます。 今回は、糖尿病と ...

糖尿病が危険因子!? 糖尿病とすい臓がんの深い関係

日本人の死亡原因第1位であるがんは、糖尿病患者さんに限らず注意が必要な疾患です。なかでもすい臓がんは自覚症状が現れにくく、早期の発見が難しいがんだとされています。じつは、糖尿病患者さんはすい臓がんを発 ...

糖尿病はインフルエンザのリスクにも影響。予防接種で対策を

冬に流行をみせるインフルエンザは、誰にとっても注意しなければいけない症状です。特に、糖尿病患者さんの場合は、その症状のリスクが高いことが知られており、入念な予防が欠かせません。 ワクチンの予防接 ...

動脈硬化対策にウォーキング。継続するメリットとは?

糖尿病患者さんにとって、大きなリスクである動脈硬化。そのリスクを低減する生活習慣の一つがウォーキングをはじめとする有酸素運動です。   今回は、動脈硬化のリスクをおさらいしつつ、人間の脳や感覚、身 ...

命に関わるCKD。積極的なチェックで対策を

近年、CKD(慢性腎臓病)という疾病概念が新たに提唱され、この対策が急務の課題として位置づけられました。腎臓の病気が以前よりも深刻なものと考えられるようになった背景には、糖尿病の合併症である糖尿病性腎 ...

< 一覧へ戻る

Facebook始めました!レシピ集更新中!
ニュースレター登録
糖尿病とうまくつきあう

糖尿病レシピランキング

人気記事

糖尿病コラム

最新記事

PAGETOP