糖尿病コラム

おやつにむいているのはどっち? 和菓子と洋菓子、それぞれの特徴


おやつを食べる人はどのくらい? おやつの役割について

平成17年の国民健康・栄養調査によると、男性は61パーセント、女性は77パーセントの人が間食をすると答えています。同調査によれば、半数以上の人が間食の習慣があり、さらにその中のおよそ半数が毎日間食をしていることがわかります。

おやつは3食だけでは補えないカロリーや栄養を補うという栄養面でのメリットのほか、生活に潤いを与える、気分転換になるといった効果もあります。糖尿病患者さんや予備群の方にとっては、カロリーや糖質を気にしつつ、3食の食事に近づけて食べることが推奨されています。

和菓子も洋菓子も食べる量や食べ方が大切

では、おやつの代表選手、「和菓子」と「洋菓子」にはそれぞれどのような特徴があるのでしょうか?

【和菓子】

・原材料に餅や砂糖、豆といった炭水化物が多く使われている。
・せんべいなどの甘くないおやつも、糖質が高め
・脂質が少ないので、洋菓子に比べるとカロリーは控えめ

【洋菓子】

・原材料は小麦粉や卵、バター、牛乳など
・和菓子に比べてタンパク質や脂質など、バランスがとれている
・カロリーは和菓子に比べてかなり高くなりやすい

いずれの場合も、砂糖がかなり含まれているため、小麦粉や餅などの炭水化物と合わせ、糖質が高くなりやすいという特徴があります。食べる時は量を決め、ゆっくり味わいながら食べてカロリーや糖質を取りすぎないようにしましょう。

1 2 3

PR注目記事

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑のサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

突然ですが、問題です。

日本人で糖尿病の可能性がある人はどのくらいいるでしょう?
1. 6人にひとり
2. 9人にひとり
3. 13人にひとり

新着糖尿病レシピ

さつまいものごま団子

99.9kcal

1.5g

0.05g

その他の記事

積極的なウォーキングで、心身共に健康的な生活を

ウォーキングをはじめとした有酸素運動は、糖尿病を含めた生活習慣病の治療や改善に効果的な習慣です。 さらに近年では、ウォーキングがうつ病の予防にも有効だという結果が報告されています。うつ病は糖尿病 ...

正しい認識がリスク回避につながる。心・脳血管疾患と糖尿病の関係を把握しましょう

心筋梗塞や脳卒中などの心・脳血管疾患は突然死や後遺症を招く危険な症状で、現在の日本ではがんに次いで死因の2位となっています。さらに2型糖尿病患者さんは、これらの症状による死亡リスクが特に高いことが知ら ...

高血圧は冬の重大リスク。入念な対策を

高血圧は、冬場になると値が悪くなる傾向が強く、時には命の危険を伴う深刻な事態を引き起こす場合もあります。糖尿病は、高血圧を併発しやすいため、糖尿病の治療や予防と一緒に、高血圧に備える必要があります。冬 ...

睡眠習慣を改善しよう! 血糖コントロールの改善がカギ

健康的な生活を送るためにも重要な睡眠習慣ですが、近年、日本人の睡眠時間は減少傾向にあることがわかっています。また、睡眠は糖尿病とも関係性があり、睡眠習慣を改善することが糖尿病の治療や予防にもつながると ...

緑内障が急増中!? 緑内障の予防のポイントとは

日本人の失明原因の第一位である緑内障は、加齢とともに発症リスクが高まる注意すべき症状です。日本における緑内障患者さんの数は増加傾向にあり、厚生労働省の調査によれば、2005年の約54万人だった緑内障患 ...

糖尿病は夫婦共通のリスク。一緒に健康的な生活習慣を

夫婦は共通の生活習慣を持っていることが多く、そのためにお互いの健康リスクに影響を及ぼす傾向があると考えられています。そうした事例の1つに、夫か妻のどちらかが糖尿病を発症していると、その配偶者も糖尿病を ...

< 一覧へ戻る

Facebook始めました!レシピ集更新中!
ニュースレター登録
糖尿病とうまくつきあう

糖尿病レシピランキング

人気記事

糖尿病コラム

最新記事

PAGETOP