糖尿病コラム

おやつにむいているのはどっち? 和菓子と洋菓子、それぞれの特徴


おやつを食べる人はどのくらい? おやつの役割について

平成17年の国民健康・栄養調査によると、男性は61パーセント、女性は77パーセントの人が間食をすると答えています。同調査によれば、半数以上の人が間食の習慣があり、さらにその中のおよそ半数が毎日間食をしていることがわかります。

おやつは3食だけでは補えないカロリーや栄養を補うという栄養面でのメリットのほか、生活に潤いを与える、気分転換になるといった効果もあります。糖尿病患者さんや予備群の方にとっては、カロリーや糖質を気にしつつ、3食の食事に近づけて食べることが推奨されています。

和菓子も洋菓子も食べる量や食べ方が大切

では、おやつの代表選手、「和菓子」と「洋菓子」にはそれぞれどのような特徴があるのでしょうか?

【和菓子】

・原材料に餅や砂糖、豆といった炭水化物が多く使われている。
・せんべいなどの甘くないおやつも、糖質が高め
・脂質が少ないので、洋菓子に比べるとカロリーは控えめ

【洋菓子】

・原材料は小麦粉や卵、バター、牛乳など
・和菓子に比べてタンパク質や脂質など、バランスがとれている
・カロリーは和菓子に比べてかなり高くなりやすい

いずれの場合も、砂糖がかなり含まれているため、小麦粉や餅などの炭水化物と合わせ、糖質が高くなりやすいという特徴があります。食べる時は量を決め、ゆっくり味わいながら食べてカロリーや糖質を取りすぎないようにしましょう。

1 2 3

PR注目記事

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

突然ですが、問題です。

日本人で糖尿病の可能性がある人はどのくらいいるでしょう?
1. 6人にひとり
2. 9人にひとり
3. 13人にひとり

新着糖尿病レシピ

その他の記事

自律神経障害を予防して、健康的な日常生活を

糖尿病がきっかけで発症する神経障害は『糖尿病性神経障害』と呼ばれており、糖尿病の三大合併症の1つに数えられています。 『自律神経障害』は、その名前の通り、自律神経に影響があらわれる神経障害です。 ...

夏バテ予防にもつながる! おやつで摂りたいミネラル

日差しが強くなる夏は、体力の消耗からくる夏バテに注意が必要です。その対策は様々ですが、汗とともに失われるミネラルを補うことも重要です。そこで今回は、夏バテ予防に大切なミネラルについてと、ミネラルを多く ...

ヨーグルトが糖尿病予防に!? おやつにヨーグルトを取り入れよう!

乳酸菌の働きによって腸内環境を整えたり、カルシウムを補給することができることで知られているヨーグルト。さらに最近では、糖尿病の発症を予防する効果があるとする研究も進んでいます。そこで今回は、ヨーグルト ...

美容にも健康にも効く! りんごの優れた効能とは?

西洋には「1日1個のりんごは医者を遠ざける」ということわざがあるように、りんごは健康に良い食べ物として知られています。そこで今回は、美容にも健康などに効果の高い栄養を持つ、りんごについてご紹介します。 ...

果糖を含んだ食品は要注意。糖尿病のリスクとの関係は?

コーラなどの炭酸飲料、フルーツジュース、洋菓子、菓子パン、ヨーグルトなど、甘味を含んだ多くの清涼飲料水や加工食品には、『果糖』と呼ばれる単糖類が含まれています。 この果糖の過剰な摂取が、肥満や糖 ...

糖尿病が身体能力に影響。食習慣に注意して、ロコモの予防を

「糖尿病患者さんは高齢になってから身体能力が低下しやすい」そんな報告がオーストラリアで行われた研究によってなされています。 身体能力の低下は、高齢化が進む日本では重大な課題です。日本整形外科学会 ...

< 一覧へ戻る

Facebook始めました!レシピ集更新中!
ニュースレター登録
糖尿病とうまくつきあう

糖尿病レシピランキング

人気記事

糖尿病コラム

最新記事

PAGETOP