食材選びをお助け!糖質、脂質、アルコールに注目した「食材早見表」はこちらから

命に関わるCKD。積極的なチェックで対策を

CKDは深刻な糖尿病の合併症

腎臓は「身体で作られた老廃物のろ過」「水分量やミネラルの調整」「赤血球の産生や血圧の調節に必要なホルモンの生成」など、体内環境を整える大事な役割を担っています。

CKDとは、腎機能低下が3ヶ月以上続いた状態をさす症状です。初期の段階では自覚症状があらわれませんが、進行すると貧血や疲労感、むくみなどの症状があらわれます。重度のCKDは脳卒中や心筋梗塞、心不全、末期腎不全を引き起こし、透析が必要になったり、死亡リスクを高める原因となります。

CKDを発症する最も多い原因は、糖尿病と高血圧だといわれています。近年では糖尿病性腎症から末期腎不全を発症する人が世界的に増加していることから、CKDが重要な問題と考えられるようになりました。

日本も例外ではありません。一般社団法人 日本腎臓病学会が2016年3月に作成した「CKDの発病予防・早期発見・重症化予防に向けた提言」によると、現在の日本では成人の約8人に1人にあたる約1,330万人がCKDだと推計されています。

糖尿病と脂質異常、高血圧とCKDを同時に抱えている人は、両方の症状が影響しあって悪循環を引き起こし、命の危険を高めます。こうした影響を回避するためには、早い段階でCKDを察知し、適切な対策をたてることが大切です。

1 2 3

糖尿病の放置はNG! 気をつけたい6大合併症とは?
糖尿病の放置はNG! 気をつけたい6大合併症とは?

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?

体の異変に早めに気づくためには日々の自己管理が大切ですよね。体重や血糖値、HbA1cの推移を把握しておくのも管理方法の1つだと思います。
そこで、今回のテーマはこちら!
「手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?」

このトークルームを見る

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

血糖値を下げる働きをもつホルモンは「インスリン」、では血糖値を上げる働きをもつホルモンは何でしょう?
1. ドーパミン
2. グルカゴン
3. グレリン

正解はこちら

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病の症状

記事一覧を見る

糖尿病コラム

記事一覧を見る

糖尿病最新情報

記事一覧を見る

糖尿病セルフチェック

記事一覧を見る
予防 体験談 原因 検査 糖尿病 血糖
×BannerBanner