【医師監修】手術後に高血糖が発生!周術期の高血糖管理

外科手術の後に現れる高血糖症状

「外科的糖尿病」は、手術による侵襲が交感神経系に影響し、成長ホルモンやグルカゴンなどがさかんに分泌されることが一因で生じると言われています。これらのホルモンはインスリン拮抗ホルモンとも呼ばれ、インスリンの分泌を低下させたり、インスリン抵抗性を増大させる働きを持っているのです。

高血糖状態が続くと手術後の傷の治りが遅くなり(創傷治癒遅延)、感染症にもかかりやすくなるため、手術後の回復に悪影響が出ます。このため、手術によって初めて高血糖が生じた外科的糖尿病の場合にも、インスリンの投与による血糖値のコントロールが行われることがあります。

1 2 3

注目記事

記事一覧
健康道場「緑でサラナ」
健康道場「緑でサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

突然ですが、問題です。

日本人で糖尿病の可能性がある人はどのくらいいるでしょう?
1. 6人にひとり
2. 9人にひとり
3. 13人にひとり

>> 正解はこちら
第6回 糖尿病川柳入賞作品発表

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病の症状

記事一覧を見る

糖尿病コラム

記事一覧を見る

糖尿病最新情報

記事一覧を見る

糖尿病セルフチェック

記事一覧を見る
予防 体験談 原因 検査 糖尿病 血糖