食材選びをお助け!糖質、脂質、アルコールに注目した「食材早見表」はこちらから

卵は体に良い!?糖尿病患者さんにうれしい最新研究結果

eggs

「卵(鶏卵)は1日1個まで」「卵を食べるとコレステロール値が上がるので良くない」などということを耳にしたことがあるのではないでしょうか。
糖尿病患者さんはコレステロール値も注意しなければならないため、卵料理や卵を使った食品を食べるのを制限されている方もいるかもしれません。
そんな中、卵に関する最新研究結果で糖尿病患者さんにうれしい発表がされましたのでご紹介したいと思います。

卵(鶏卵)のコレステロールは悪者ではない?

卵(鶏卵)を食べるとコレステロールが上がるため健康に良くない、という話はよく聞く話であり、卵は半ば悪者扱いされていた節がありました。
しかし、最近の東フィンランド大学の研究によると、卵を多く食べても2型糖尿病のリスクが増加しないとの発表がありました。

さらに、日本人を対象とした研究でも、卵やコレステロールの摂取の量と糖尿病の相関関係は見られなかったとのこと。さらに、心疾患や脳卒中などの重大な血管疾患リスクに影響を及ぼすことがないことが分かったのです。またこれらの研究結果を受けて、厚生労働省では2015年度版のコレステロールの摂取制限を撤廃(ただし控えめが望ましい)しています。

悪者扱いされていた卵のコレステロール。確かに、血中コレステロール値が上がると血管壁に付着して動脈硬化の原因となり、心疾患や脳卒中などのリスクを上げてしまうため、注意しなければならないものです。

しかし実際には、コレステロールの多くは体内で合成され、卵に含まれるコレステロールのすべてが直接コレステロール値に影響するものではないため、卵を食べてもあまり影響がないと考えられているのです。

バランスの良い食事が基本。上手に卵を取り入れよう

今回は、卵を毎日食べても糖尿病や心血管疾患のリスクを上げないという研究記事をご紹介しました。いくら卵が糖尿病のリスクを下げるとしても、やはりどんな食べ物も食べ過ぎは良くありません。糖尿病患者さんの食事療法で大切なことは、適正カロリー内で栄養バランス良く食べること。全体の食事内容を見直しながら、医師や管理栄養士とも相談の上、上手に卵を取り入れていきましょう。

参照・参考
The American Journal of Clinical Nutrition│Egg consumption and risk of incident type 2 diabetes in men: the Kuopio Ischaemic Heart Disease Risk Factor Study
NCBI│Cholesterol and egg intakes and the risk of type 2 diabetes: the Japan Public Health Center-based Prospective Study.
厚生労働省│「日本人の食事摂取基準(2015年版)策定検討会」報告書

糖尿病とうまくつきあう 会員登録
糖尿病とうまくつきあう 会員登録

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

【歯と口の健康週間】最近歯医者さんに、いつ行きましたか?

おいしい食事やバランスの良い食事を続けるためにも口と歯の健康が大切ですが、自分自身で異常に気づくのは難しいこともありますよね。
そこで、今回のテーマはこちら!
「最近歯医者さんに、いつ行きましたか?」

このトークルームを見る

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

血糖値を下げる働きをもつホルモンは「インスリン」、では血糖値を上げる働きをもつホルモンは何でしょう?
1. ドーパミン
2. グルカゴン
3. グレリン

正解はこちら

第7回 糖尿病川柳

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病の症状

記事一覧を見る

糖尿病コラム

記事一覧を見る

糖尿病最新情報

記事一覧を見る

糖尿病セルフチェック

記事一覧を見る
予防 体験談 原因 検査 糖尿病 血糖