動脈硬化対策にウォーキング。継続するメリットとは?

動脈硬化は命に関わる深刻な症状

動脈硬化とは、血管の壁が硬く、細くなり、血液が流れにくくなる症状のことです。血管が細くなると血栓ができて血液の流れがせき止められてしまい、そこから先の細胞に酸素や栄養が届かなくなってしまいます。こうして発症する心筋梗塞や狭心症は日本人の死因の中でも上位を占める症状であり、動脈硬化の進行は命の危険につながります。

そして、この動脈硬化のリスクを高める重大な要素の1つが糖尿病です。

糖尿病によって血糖値が高い状態が続いていると、血管の内膜にプラークという粥状の塊が形成されやすくなります。このプラークが血管にたくさんあると、血液が流れにくくなってしまい、血栓もできやすくなります。そのため、糖尿病患者さんは、コレステロールの値が比較的低い状態でも動脈硬化の進行が早くなってしまうのです。この傾向は糖尿病患者さんに限らず、糖尿病予備群の人も同様です。糖尿病患者さんほど血糖値が高くなくても、動脈硬化によるリスクに注意しなければいけないのです。

1 2 3

注目記事

記事一覧
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑でサラナ」
健康道場「緑でサラナ」
健康道場「緑でサラナ」
健康道場「緑でサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

突然ですが、問題です。

日本人で糖尿病の可能性がある人はどのくらいいるでしょう?
1. 6人にひとり
2. 9人にひとり
3. 13人にひとり

>> 正解はこちら
第6回 糖尿病川柳入賞作品発表

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病の症状

記事一覧を見る

糖尿病コラム

記事一覧を見る

糖尿病最新情報

記事一覧を見る

糖尿病セルフチェック

記事一覧を見る
予防 体験談 原因 検査 糖尿病 血糖