動脈硬化につながる?!内臓脂肪を減らすコツとは

内臓脂肪と動脈硬化の研究報告

「内臓脂肪が増えると動脈硬化が進行しやすくなる」という研究は、東京医科歯科大学医学部付属病院、糖尿病・内分泌・代謝内科の坊内良太郎氏らによるものです。

医学誌「Cardiovascular Diabetology」で発表されたその研究内容は、平均年齢65歳の2型糖尿病患者さん148名(男性82名、女性66名)を対象としたものでした。
坊内氏らの研究チームは、この対象者の内臓脂肪と皮下脂肪の面積を測定。「アテローム性動脈硬化」の指標との関連を調査したところ、内臓脂肪が多く皮下脂肪が少ない人ほど、動脈硬化が進行しているということが判明しました。

現在は、糖尿病と動脈硬化の因果関係について調べるため、さらなる研究が続けられています。

アテローム性動脈硬化とは?

「アテローム性動脈硬化」は、血管内膜の下にコレステロールなどがたまってアテローム状(おかゆ状のかたまり)になった状態で、比較的太い血管で起こる動脈硬化です。動脈の中が70%ほど狭くなるまでは自覚症状が出ないのですが、心臓発作、脳卒中、下半身では足の壊疽などを引き起こすため、早めの対策が必要です。

動脈は、内側から内膜、中膜、外膜の3層でできています。内膜は内皮細胞という細胞におおわれていて、血管が固まるのを防いだり、血管を広げたりする役割を担っています。
しかし、コレステロール値が高かったり、高血圧や高血糖などによって血管に負担がかかると内皮細胞が傷ついてしまい、そこから血液中のLDL(コレステロールを全身に運ぶ悪玉リポたんぱく)が内膜に入り込んでしまいます。

内膜に入り込んだLDLは酸化LDLに変化し、さらにそれを処理するための白血球(単球およびT細胞)が内膜に入り込み、マクロファージ(体内の異物を捉える大食細胞)に変化します。マクロファージは酸化LDLを取り込むとやがて死んでしまうため、LDLに含まれていたコレステロールなどの脂質がおかゆのような柔らかい沈着物としてたまり、動脈の内膜がどんどん厚くなっていきます。分厚くなった血管はコブ(プラーク)のように膨らんでしまいます。この状態がアテローム動脈硬化です。

内臓脂肪と皮下脂肪の違いとは?

「アテローム性動脈硬化」は、高血糖などによるリスクもありますが、内臓脂肪が増えてコレステロール値が上がることも大きなリスクとなります。

「内臓脂肪」とは、内臓のまわりの腸間膜(ちょうかんまく)に蓄積される脂肪で、内臓を正しい位置に保ったり、衝撃をやわらげたりする役割があります。日々の活動に使われるエネルギーを蓄積しているので、脂肪が比較的減りやすいといわれています。
内臓脂肪は内臓のまわりにあるため、外からつまむことはできませんが、おなかが出っ張ったような体形になるのが特長です。そのため、内臓脂肪型の肥満は「りんご型」体形と呼ばれることもあります。比較的男性に多い肥満のタイプと言えます。

一方「皮下脂肪」は、腰まわりやお尻、太ももなどの皮膚の下に蓄積される脂肪で、体温の保持や外からの衝撃をやわらげる役割があります。長期的なエネルギーを蓄積しているので、内臓脂肪よりも減らしにくい脂肪といわれています。
皮下脂肪型の肥満は、女性に多く見られ、特に下半身に脂肪のついた体形になることから、「洋ナシ型」体形と呼ばれることもあります。皮膚の下にあるため、外からつまむことができるのも大きな特長です。

内臓脂肪の増大は、ウエスト周囲径(服囲)の増減によってわかると言われています。男性で85cm以上、女性で90cm以上あれば、内臓脂肪型肥満が疑われます。

1 2 3

注目記事

記事一覧
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑でサラナ」
健康道場「緑でサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

突然ですが、問題です。

日本人で糖尿病の可能性がある人はどのくらいいるでしょう?
1. 6人にひとり
2. 9人にひとり
3. 13人にひとり

>> 正解はこちら
第6回 糖尿病川柳入賞作品発表

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病の症状

記事一覧を見る

糖尿病コラム

記事一覧を見る

糖尿病最新情報

記事一覧を見る

糖尿病セルフチェック

記事一覧を見る
予防 体験談 原因 検査 糖尿病 血糖