夏の“冷え”は体調不良のもと!冷房病のメカニズムと対策

暑い夏は冷房でキンキンに冷えた部屋にいることも多いもの。
オフィスなどで一日中そのような場所にいると、次第に体がだるくなったり、食欲がなくなったり、頭痛を起こしたりなど、いわゆる「冷房病」を起こしてしまうことがあります。

ではなぜ「冷房病」が起こるのでしょうか。そのメカニズムと対策方法をご紹介します。

「冷房病」、「クーラー病」とは?

冷房のきいた部屋から炎天下の外に出たりすると、一時的に体がくらっとするような感覚を覚えたことがある方も多いのではないでしょうか。
これが繰り返されると、急激な温度差に体がついていかず、体温調節をしている自律神経(交感神経・副交感神経)がバランスを崩し、冷えや肩こり、頭痛、疲労感などの症状が起きることがあります。
これを総称して「冷房病」と呼びます。
「冷房病」は正式な病名ではなく、「クーラー病」と言われることもあります。

冷房病の主な症状

 ・手足の冷えが続く
 ・食欲不振
 ・便秘、下痢
 ・肌荒れ
 ・頭痛
 ・肩こり
 ・集中力低下、イライラ
 ・だるい、疲れやすい

もう少し詳しいメカニズムを解説しましょう。

私たちの体は、暑いと汗をかいて体温を下げようと働きます。
その働きは自律神経によって調整されていますが、冷房で体が冷え、汗をかきづらくなっているところに、急激に暑い外気に触れると汗がうまくかけずに、体温調節が正常にできなくなってしまいます。
このように気温差のあるところを頻繁に行き来することで、自律神経を酷使してしまい、そのバランスが乱れてしまうのです。

また、汗をかくことは体温を下げるだけではなく老廃物を排出する働きもありますが、汗をかけないと老廃物が溜まりやすく、疲労の原因となります。
さらに体の冷えは、血管を収縮させ血流を悪くさせます。夏の肩こりやだるさの原因は、実は冷房病が原因ということも多々あるのです。

冷房病にかからないためには?

冷房のきいているところで体を冷やさないようにする。

腹巻きやストールなどを利用して、とにかく体の芯が冷えないように注意しましょう。
また首や足首には太い血管が通っているので、この部分を冷やさないことも重要です。
冷房の設定温度は28℃程度に。外に出たときはゆっくりと深呼吸をするのもおすすめです。

ぬるめの湯船に浸かる。

冷房で冷えてしまった体はその日のうちにほぐしておきましょう。
ぬるめ(38~40℃)のお風呂に20分程度ゆっくりとリラックスして浸かって、汗を出し、体をしっかりと温めましょう。

体を冷やす食べ物を避ける。

夏はアイスコーヒーや清涼飲料水、そうめん、冷やし中華など冷たい食べ物を食べてしまいがちですが、体の芯を冷やさないためにはなるべく冷たい食べ物・飲み物は避けましょう。
飲み物は温かい、もしくは常温で飲むように心がけましょう。

軽い運動をする。

運動を行うと汗をかきやすくなり、自律神経を安定させることができます。
気温が下がった夕方にウォーキングをしたり、オフィスなどでもストレッチを行うと良いでしょう。

冷房のきいている部屋では、とにかく体を冷やさない!

冷房病は、体が冷えることが元凶。
オフィスなどで冷房が避けられない場合も多いため、自分でできる冷え対策を行うことが大切です。
体温調整ができるように、ストールやカーディガンなど、常にバッグにしのばせておくと安心です。

しっかりと対策をして、暑い夏を乗り切りましょう。

注目記事

記事一覧
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑でサラナ」
健康道場「緑でサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

突然ですが、問題です。

日本人で糖尿病の可能性がある人はどのくらいいるでしょう?
1. 6人にひとり
2. 9人にひとり
3. 13人にひとり

>> 正解はこちら

記事ランキング

カテゴリ一覧

毎週届く 糖尿病関連ニュースレター便利な糖尿病サポートツールもご利用いただけます 糖尿病適応度チェック 16問の質問に答えて、あなたと糖尿病の関係を確認してみませんか?

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病の症状

記事一覧を見る

糖尿病コラム

記事一覧を見る

糖尿病最新情報

記事一覧を見る

糖尿病セルフチェック

記事一覧を見る
予防 体験談 原因 検査 糖尿病 血糖