糖尿病コラム

冷え対策にウォーキング! 寒い季節の注意点とは?


ウォーキングが冬の冷え対策に効果的な理由

こうした対策の他にも、運動によって冷えを改善することができます。特に、ウォーキングは取り入れやすく、心臓などへの負担も少ないため、お勧めしやすい運動といえます。

ウォーキングには、身体を動かすことで血行がよくなり、寒さによって収縮していた末梢神経の血行を良くすることができるため、手足の冷えも同時に改善することができるという効果があります。けれども、ウォーキングの効果はそれだけにとどまりません。運動によって体の筋肉量を増やすことで、基礎代謝が上がって消費エネルギー量も増え、筋肉量が少ない人に比べて体が温まりやすくなるのです。
特に、気温の低い冬は、体温を維持するために、他の季節に比べて基礎代謝量が上昇します。ウォーキングなどで筋肉を増やすことが冷え対策につながるといえるでしょう。

寒い季節の運動時に気をつけること

とはいえ、寒い季節の運動は、ケガや体調不良を起こしやすい傾向があります。気温の低い冬に屋外で運動をするときは、血圧が急上昇しないように軽いウォーミングアップから始めることが重要です。。
人間の体は低温環境にさらされると、体温の発散を防ぐために血管が収縮され、血圧が上昇するようにできています。
そのような状態で激しく力むような運動をすると、血圧や心拍数が急上昇して、最悪の場合は心筋梗塞や脳卒中といった血管障害を発症してしまう場合もあるので、特に注意しなければなりません。
また冬の時期に肌を多く露出していると熱が逃げて体温が低下してしまうので、冬にウォーキングなどの運動をする際には、マフラーや手袋、レッグウォーマーなどをしっかり身に付けるようにしましょう。

糖尿病患者さんのなかには、医師に運動を制限されている方もいるかと思います。
ウォーキングをする前には必ず主治医に相談をし、問題ないと判断された方だけが行うようにしてください。


参照・参考
糖尿病ネットワーク│冷え性を克服するための6つの方法 冷え性で苦しまないために
糖尿病ネットワーク│冬のウォーキングは効果的 寒さ対策とウォーミングアップが必要
日本健康運動研究所│冬のウォーキングは効果的 ウォーミングアップと寒さ対策が必要
糖尿病ネットワーク│冬の運動はウォーミングアップから 寒さ対策と水分補給がポイント

1 2 3

PR注目記事

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

突然ですが、問題です。

日本人で糖尿病の可能性がある人はどのくらいいるでしょう?
1. 6人にひとり
2. 9人にひとり
3. 13人にひとり

その他の記事

植物性食品を摂取しよう! 糖尿病予防につなげるポイントとは

野菜やフルーツ、さらには全粒穀物など、植物性の食品は健康に良いというイメージをお持ちの方も多いことでしょう。近年の研究では、これらの植物性食品を積極的に食事に取り入れることが糖尿病の予防につながると指 ...

失業中の人・再就職したばかりの人は、脳卒中に要注意

就業状況の変化が脳卒中の発症リスクに影響する可能性が高いことが、研究によって示されました。 その理由の1つには、無職になったことや再就職したことによる、心理的なストレスが関わっていると考えられて ...

食物繊維は第6の栄養素!? 食物繊維が豊富な食べ物は?

自然なお通じのために摂るイメージがある食物繊維ですが、実は健康にうれしいさまざまな効果があるといわれています。 しかし、どうしても現代の日本人の食生活では不足しがちなのも事実です。 195 ...

夏から秋が旬!  実はすごいぶどうの効能

夏から秋にかけて出回るフルーツの代表例であるぶどう。スーパーなどで幅広く販売されていますが、実はぶどうには高い栄養価と効能があることをご存知ですか? 今回はそんなぶどうの栄養価と効能について、ま ...

栄養満点! 夏野菜のめぐみをおやつでも取り入れよう!

旬の野菜は、その季節の変化に対応するための栄養素が含まれていいます。つまり、夏に旬を迎える野菜には、夏に負けないための栄養が詰まっているのです。そこで今回は、夏野菜の栄養価と、おやつとして夏野菜を食べ ...

おやつにも米ぬか、玄米のビタミンパワーで夏バテ防止!

夏の悩みのひとつ、夏バテの対策におすすめなのが、米ぬかや玄米などの全粒穀物です。今回は、全粒穀物の夏バテ防止効果と、全粒穀物を使ったおやつを紹介します。 全粒穀物の夏バテ防止効果 夏バテは、暑 ...

< 一覧へ戻る

Facebook始めました!レシピ集更新中!
ニュースレター登録
糖尿病とうまくつきあう

糖尿病レシピランキング

人気記事

糖尿病コラム

最新記事

PAGETOP