糖尿病コラム

冷え対策にウォーキング! 寒い季節の注意点とは?


ウォーキングが冬の冷え対策に効果的な理由

こうした対策の他にも、運動によって冷えを改善することができます。特に、ウォーキングは取り入れやすく、心臓などへの負担も少ないため、お勧めしやすい運動といえます。

ウォーキングには、身体を動かすことで血行がよくなり、寒さによって収縮していた末梢神経の血行を良くすることができるため、手足の冷えも同時に改善することができるという効果があります。けれども、ウォーキングの効果はそれだけにとどまりません。運動によって体の筋肉量を増やすことで、基礎代謝が上がって消費エネルギー量も増え、筋肉量が少ない人に比べて体が温まりやすくなるのです。
特に、気温の低い冬は、体温を維持するために、他の季節に比べて基礎代謝量が上昇します。ウォーキングなどで筋肉を増やすことが冷え対策につながるといえるでしょう。

寒い季節の運動時に気をつけること

とはいえ、寒い季節の運動は、ケガや体調不良を起こしやすい傾向があります。気温の低い冬に屋外で運動をするときは、血圧が急上昇しないように軽いウォーミングアップから始めることが重要です。。
人間の体は低温環境にさらされると、体温の発散を防ぐために血管が収縮され、血圧が上昇するようにできています。
そのような状態で激しく力むような運動をすると、血圧や心拍数が急上昇して、最悪の場合は心筋梗塞や脳卒中といった血管障害を発症してしまう場合もあるので、特に注意しなければなりません。
また冬の時期に肌を多く露出していると熱が逃げて体温が低下してしまうので、冬にウォーキングなどの運動をする際には、マフラーや手袋、レッグウォーマーなどをしっかり身に付けるようにしましょう。

糖尿病患者さんのなかには、医師に運動を制限されている方もいるかと思います。
ウォーキングをする前には必ず主治医に相談をし、問題ないと判断された方だけが行うようにしてください。


参照・参考
糖尿病ネットワーク│冷え性を克服するための6つの方法 冷え性で苦しまないために
糖尿病ネットワーク│冬のウォーキングは効果的 寒さ対策とウォーミングアップが必要
日本健康運動研究所│冬のウォーキングは効果的 ウォーミングアップと寒さ対策が必要
糖尿病ネットワーク│冬の運動はウォーミングアップから 寒さ対策と水分補給がポイント

1 2 3

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

突然ですが、問題です。

日本人で糖尿病の可能性がある人はどのくらいいるでしょう?
1. 6人にひとり
2. 9人にひとり
3. 13人にひとり

その他の記事

肥満は胆石の発症リスク。糖尿病患者さんが気を付けるべき理由とは?

胆石は激痛を引き起こし、進行すると命に関わる病気につながる可能性もある病気です。以前から、肥満の人は胆石が発生する可能性が高いことが指摘されていました。近年では、その仕組みを解明する研究の結果 ...

あなたの足は大丈夫?糖尿病と水虫の関係をご紹介

足に強いかゆみをともなう水虫は、誰もが避けたい足の病気の1つです。けれども、糖尿病患者さんは、この水虫に特に注意をはらわなければいけないことをご存知でしょうか。実は、糖尿病によって生じる影響の ...

深刻な「バーンアウト」。前向きに治療を続けるための取り組みとは?

「バーンアウト」という言葉をご存知でしょうか?「燃え尽き症候群」という意味をもつバーンアウトは、糖尿病の治療を中断してしまう原因の1つとなっています。自分自身の症状に向き合い、正しい治療を続け ...

糖尿病と痛風。その共通点と対策とは?

さまざまな身体の不調と関わっている糖尿病。 今回紹介する尿酸値も、糖尿病患者さんに気をつけてほしい要素の1つです。尿酸値の上昇によって生じる痛風は、糖尿病と同じ時期に罹患者数が増加した症状で ...

春の麻疹(ましん)流行に要注意!麻疹の症状と予防法について

毎年春から初夏にかけての時期に流行する「麻疹」という感染症をご存知ですか? 麻疹はとても感染力が高い感染症であると同時に、一度感染すると肺炎などの合併症を引き起こす可能性もある病気です。 では麻疹 ...

血糖コントロールだけじゃない!?糖尿病による認知症予防にも運動が効果的!

糖尿病患者さんや予備群の方にとって、血糖コントロールに運動が効果的であることは、もはや当たり前のことかもしれません。けれども、実は糖尿病に起因する認知症の予防にも運動が効果的である、という説には驚きを ...

< 一覧へ戻る

Facebook始めました!レシピ集更新中!
ニュースレター登録
糖尿病とうまくつきあう

糖尿病レシピランキング

人気記事

糖尿病コラム

最新記事

PAGETOP