【医師監修】冬の風邪とは違う?「夏風邪」に要注意!

「夏風邪」3大感染症とは?

「夏風邪」として冬の風邪とは明確に区別される病態には、せきやくしゃみ、鼻水といったおなじみの症状以外に、発疹などの特徴的な症状を伴うものがあります。特に流行することの多い「手足口病」「ヘルパンギーナ」「プール熱」は、「3大夏風邪」と呼ばれています。

・手足口病
コクサッキーウイルス・エンテロウイルスが主な原因となって発症する感染症です。病名の通り、手足の表裏・口の中を中心に発疹が現れます。発疹は時に大腿部や臀部にまで広がることがあります。時に37~38℃を超える発熱を生じます。口中の発疹が痛むと飲食を嫌がることがあるので、脱水症状にならないよう注意する必要があります。

・ヘルパンギーナ
手足口病と同じコクサッキーウイルスやエンテロウイルス、またエコーウイルスが原因となって発症することがあります。突然の発熱とのどの痛みが生じ、口の中に水疱や口内炎ができます。手足口病と同じく口の中が痛むため、飲食を嫌がることがあります。

重症の場合には、まれに髄膜炎や心筋炎などを合併することもあるため注意が必要です。頭痛や嘔吐の症状が現れたら、すぐに医師の診断をあおぎましょう。

・プール熱
主にアデノウイルスによって引き起こされる感染症です。発熱やのどの痛みの他、眼が充血して腫れあがる結膜炎などの眼科症状を伴い、咽頭結膜熱とも呼ばれます。また、胃腸炎を併発する場合もあります。

出典:国立感染症研究所ホームページ
(https://www.niid.go.jp/niid/ja/kansennohanashi/323-pcf-intro.html)

1 2 3

注目記事

記事一覧
健康道場「緑でサラナ」
健康道場「緑でサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

突然ですが、問題です。

日本人で糖尿病の可能性がある人はどのくらいいるでしょう?
1. 6人にひとり
2. 9人にひとり
3. 13人にひとり

>> 正解はこちら
あなたの漢字一文字&熟語2019大募集

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病の症状

記事一覧を見る

糖尿病コラム

記事一覧を見る

糖尿病最新情報

記事一覧を見る

糖尿病セルフチェック

記事一覧を見る
予防 体験談 原因 検査 糖尿病 血糖