気を付けたい糖尿病の症状「低血糖による寒気」に注意!

寒気は低血糖の一つの症状

日常で低血糖になりやすいタイミングは朝の起床時、昼食前、夕食前、就寝時など、空腹時です。また特に、いつもの食事時間より遅くなった、インスリン注射や投薬の時間がズレたという際には要注意。その他にも、飲酒、入浴、激しい運動をしたときなどにも低血糖は起こりやすくなります。

血糖値が60~70㎎/dL位になると、血糖を上昇させるためのアドレナリンやグルカゴンが分泌されることで、手足の震えやだるさ、吐き気、寒気などの症状が生じます。さらに低血糖が進むと、意識低下、昏睡など命に関わる危険な状態に陥ることもあるため、早めに対処することが肝要です。

<いろいろな低血糖の症状>

  • 冷や汗
  • 手足の震え、痺れ
  • 動悸
  • 強い空腹感
  • 視覚の異常
  • 頭痛
  • 寒気          など

さらに症状が重くなってくると、

  • 意識障害
  • 眠気
  • ろれつが回らない
  • けいれん
  • 意識障害、昏睡     など

1 2 3

注目記事

記事一覧
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑でサラナ」
健康道場「緑でサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

突然ですが、問題です。

日本人で糖尿病の可能性がある人はどのくらいいるでしょう?
1. 6人にひとり
2. 9人にひとり
3. 13人にひとり

>> 正解はこちら

記事ランキング

カテゴリ一覧

毎週届く 糖尿病関連ニュースレター便利な糖尿病サポートツールもご利用いただけます 糖尿病適応度チェック 16問の質問に答えて、あなたと糖尿病の関係を確認してみませんか?

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病の症状

記事一覧を見る

糖尿病コラム

記事一覧を見る

糖尿病最新情報

記事一覧を見る

糖尿病セルフチェック

記事一覧を見る
予防 体験談 原因 検査 糖尿病 血糖