糖尿病コラム

気分を変えて効率アップ!仕事中のリフレッシュ方法4選


仕事中にできるリフレッシュ方法

<飲み物で気分転換>

お茶やコーヒーを飲んで休憩タイムを作ると、労働時間にメリハリをつけることができます。少し高価な飲み物を持参してリッチな気分を味わったり、香りを楽しんだり、好みの飲み物を飲んで気分転換に。

お気に入りのマグカップなどを利用するとさらにリフレッシュできそうですね。


<勤務中の軽い運動>

ふくらはぎを動かすと全身の血流が良くなり、脳にも血がめぐりリフレッシュできます。

ふくらはぎは血流のポンプとも呼ばれています。デスクワークの方は椅子に座ったまま、足首を動かすことでふくらはぎの筋肉が動き効果があります。立ち仕事の方は、つま先立ちを何度か繰り返すのもいいでしょう。


次におすすめなのが、顎を動かす運動です。顎を動かすと脳を活性化し、集中力を高め、判断力が高まるといわれています。休憩中にガムを噛むのもいいですが、勤務中は仕事を一時中断して、顎を、左右、上下共に何度か大きく動かしてみるとよいでしょう。


<お昼寝タイム>

ビジネスマンは午前中から脳をフル回転して仕事に集中しています。お昼ごろにはすでに疲労が蓄積されているかもしれませんね。疲れた脳は昼寝で休憩するとリフレッシュできます。

疲労回復の効果的な方法は、以下のとおりです。


①昼寝時間は30分以内
30分を過ぎるとノンレム睡眠という深い眠りに入ってしまい、すっきり目覚めることが難しくなります。

②昼寝前にカフェインが含まれる飲み物(コーヒー、紅茶、緑茶など)を1杯飲む
カフェインの覚醒作用は20~30分後にあらわれるそうです。

③寝る場所はデスクで
デスクの上や椅子にもたれることで、熟睡を避けることができます。アイマスクの利用も◎。


<おやつタイム>

仕事の効率アップにおやつタイムが注目されています。チョコレートを食べると交感神経の活動が低下して、副交感神経の活動が活発になっていることが実験により示されています。

チョコレートには脳をリラックスさせて、リフレッシュ効果が期待できるのです。


おやつはコミュニケーションツールにもなる?!

おやつは仕事に疲れた時のリフレッシュだけでなく、社員のコミュニケーションを円滑にする役割も果たしています。

隣の席の同僚との会話のきっかけや、いつも頑張っている部下への激励など、ちょっとした心遣いがうれしく、会話もはずみます。帰省や旅行のお土産のお菓子から会話が盛り上がったりして、緊張した職場の空気が和むこともあるでしょう。

配りやすい小分けのお菓子を職場に持参してみてはいかがでしょうか?


間食は、仕事で疲れた脳をリラックスさせてくれるばかりか、仕事効率のアップや職場のコミュニケーションツールになるものです。しかし、健康を気にしている方やダイエット中の方など高カロリーで脂質や糖分の多い甘い物を食べると、罪悪感を持ってしまう方も多くいますのでおやつ選びには注意が必要です。


1 2 3

PR注目記事

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑のサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

突然ですが、問題です。

日本人で糖尿病の可能性がある人はどのくらいいるでしょう?
1. 6人にひとり
2. 9人にひとり
3. 13人にひとり

新着糖尿病レシピ

中華風豆乳鍋

198kcal

5.7g

1g

さつまいものごま団子

99.9kcal

1.5g

0.05g

その他の記事

男性糖尿病患者さんは高確率で経験。EDと糖尿病の関係は?

男性特有の病気であるED(勃起障害)は血糖コントロールと関係しており、男性の糖尿病患者さんは特にリスクが高いと考えられています。 NIDDK(米国国立糖尿病・消化器・腎疾患研究所)が行った調査で ...

乾燥シーズンの到来! 糖尿病と皮膚トラブルの関係は?

空気が乾燥する冬は、暖房器具などの影響も加わり皮膚が乾燥しやすいシーズンです。特に糖尿病患者さんの場合皮膚が乾燥しやすく、皮膚トラブルを起こしやすいので注意が必要だといえます。 今回は、糖尿病と ...

糖尿病が危険因子!? 糖尿病とすい臓がんの深い関係

日本人の死亡原因第1位であるがんは、糖尿病患者さんに限らず注意が必要な疾患です。なかでもすい臓がんは自覚症状が現れにくく、早期の発見が難しいがんだとされています。じつは、糖尿病患者さんはすい臓がんを発 ...

糖尿病はインフルエンザのリスクにも影響。予防接種で対策を

冬に流行をみせるインフルエンザは、誰にとっても注意しなければいけない症状です。特に、糖尿病患者さんの場合は、その症状のリスクが高いことが知られており、入念な予防が欠かせません。 ワクチンの予防接 ...

動脈硬化対策にウォーキング。継続するメリットとは?

糖尿病患者さんにとって、大きなリスクである動脈硬化。そのリスクを低減する生活習慣の一つがウォーキングをはじめとする有酸素運動です。   今回は、動脈硬化のリスクをおさらいしつつ、人間の脳や感覚、身 ...

命に関わるCKD。積極的なチェックで対策を

近年、CKD(慢性腎臓病)という疾病概念が新たに提唱され、この対策が急務の課題として位置づけられました。腎臓の病気が以前よりも深刻なものと考えられるようになった背景には、糖尿病の合併症である糖尿病性腎 ...

< 一覧へ戻る

Facebook始めました!レシピ集更新中!
ニュースレター登録
糖尿病とうまくつきあう

糖尿病レシピランキング

人気記事

糖尿病コラム

最新記事

PAGETOP