糖尿病コラム

ヨーグルトを食べてインフルエンザ対策! ヨーグルトのインフルエンザ予防効果とは


ヨーグルトも活躍? 腸内環境を整えて、インフルエンザを予防!

前述の基本的な予防法に加えて、普段の食生活でオススメしたいのが、ヨーグルトの摂取。
ヨーグルトと言えば、腸内環境を整え、整腸作用を促す有益菌「ビフィズス菌」が有名なものの1つですよね。このビフィズス菌には、インフルエンザウイルスの感染予防効果や、花粉症などのアレルギー症状を緩和する作用が期待されています。

実際、森永乳業ビフィズス菌研究所によれば、65歳以上の高齢者27名に、ビフィズス菌BB536菌末を19週間連続投与したところ、インフルエンザの発症自体や、発症後の38度以上の発熱回数が、ビフィズス菌BB536を摂取していないグループよりも少なくなり、免疫力の上昇が認められたとの報告がされています。

冬から春にかけて流行するインフルエンザ。手洗いやワクチン接種などの予防対策はもちろんですが、手軽に食べられるヨーグルトを普段のおやつなどに取り入れて、インフルエンザに負けない体作りを目指してはいかがでしょう?


参照・参考
厚生労働省│平成28年度 今冬のインフルエンザ総合対策について
東京都感染症情報センター│インフルエンザ
ビフィズス菌BB536とは – 感染防御作用|ビフィズス菌研究所 – BB536.JP

1 2 3

PR注目記事

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

突然ですが、問題です。

日本人で糖尿病の可能性がある人はどのくらいいるでしょう?
1. 6人にひとり
2. 9人にひとり
3. 13人にひとり

新着糖尿病レシピ

イカの中華炒め

149kcal

5.5g

1.9g

その他の記事

糖尿病と関係がある? 「起立性低血圧」について

「起立性低血圧」という症状をご存知でしょうか? 「立ちくらみ」というと、多くの方がイメージできるのではないかと思います。起立性低血圧は多くの人にとって関係のある症状ですが、起こる原因の一つには糖 ...

新制度も施行。あらためて知っておきたい、フットケアの重要性

2016年から、透析患者さんを対象にした足病のチェックと専門の医療機関への紹介が、新たに診療報酬に加算されることになりました。 こうした医療制度の変更は、入念なフットケアが重要な課題であることを ...

覚えておいてほしい、糖尿病と爪の関係

足の爪は足先を保護する大切な存在ですが、時には爪のトラブルが原因で病気を発症してしまうケースがあります。さらに糖尿病患者さんの場合は、発症した病気が重症化し、深刻な状態となってしまう可能性があります。 ...

糖尿病患者さんは要注意。便秘を予防する工夫とは?

排便が困難、もしくは頻度が少なくなってしまう「便秘」は、多くの人が悩んでいる症状です。 あまり知られていないかもしれませんが、糖尿病の合併症である神経障害は、便秘になってしまう原因の1つです。つまり ...

糖尿病患者さんは要注意! 夏場の熱中症対策を忘れずに

暑い日が続く夏は、熱中症への注意が必要なシーズンです。特に、高齢の方や糖尿病などの慢性疾患のある方は、熱中症になりやすいとされています。また、屋外だけでなく屋内でも熱中症を発症してしまう可能性はあり、 ...

夏は睡眠時間が短くなりやすい! 糖尿病と睡眠の関係性

寝苦しい夜が続く夏は、睡眠不足に陥りやすい季節。厚生労働省が公表している「健康づくりのための睡眠指針2014」では、日の長い季節の睡眠時間は短くなる傾向にあり、反対に日の短い季節では睡眠時間が長くなる ...

< 一覧へ戻る

Facebook始めました!レシピ集更新中!
ニュースレター登録
糖尿病とうまくつきあう

糖尿病レシピランキング

人気記事

糖尿病コラム

最新記事

PAGETOP