糖尿病コラム

ヨーグルトを食べてインフルエンザ対策! ヨーグルトのインフルエンザ予防効果とは


ヨーグルトも活躍? 腸内環境を整えて、インフルエンザを予防!

前述の基本的な予防法に加えて、普段の食生活でオススメしたいのが、ヨーグルトの摂取。
ヨーグルトと言えば、腸内環境を整え、整腸作用を促す有益菌「ビフィズス菌」が有名ですよね。このビフィズス菌には、インフルエンザウイルスの感染予防効果や、花粉症などのアレルギー症状を緩和する作用が期待されています。

実際、森永乳業ビフィズス菌研究所によれば、65歳以上の高齢者27名に、ビフィズス菌BB536菌末を19週間連続投与したところ、インフルエンザの発症自体や、発症後の38度以上の発熱回数が、ビフィズス菌BB536を摂取していないグループよりも少なくなり、免疫力の上昇が認められたとの報告がされています。

冬から春にかけて流行するインフルエンザ。手洗いやワクチン接種などの予防対策はもちろんですが、手軽に食べられるヨーグルトを普段のおやつなどに取り入れて、インフルエンザに負けない体作りを目指してはいかがでしょう?


参照・参考
厚生労働省│平成28年度 今冬のインフルエンザ総合対策について
厚生労働省│インフルエンザの基礎知識
大人の健康生活ガイド│日本の子どもの腸内菌を調査 ビフィズス菌が豊富で悪玉菌が少ない

1 2 3

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

突然ですが、問題です。

日本人で糖尿病の可能性がある人はどのくらいいるでしょう?
1. 6人にひとり
2. 9人にひとり
3. 13人にひとり

その他の記事

糖尿病患者さんが発症しやすい「関節リウマチ」について

リウマチというと、高齢の方に多いイメージをもつ方も多いかもしれません。けれども、リウマチ性疾患の1つである関節リウマチは、40代前後に発病する可能性が高く、年齢だけで安心できるものではありませ ...

冷え対策にウォーキング! 寒い季節の注意点とは?

冬本番を迎え、寒さが厳しい季節になってきました。みなさんは体の冷えに悩まされていませんか? 筋肉量を増やすことは、冷え対策としても有効です。 今回は寒い季節に体を温める方法を、ウォーキングなどの運 ...

トランス脂肪酸の摂りすぎには要注意! いますぐ食事内容を見直そう

「トランス脂肪酸が身体に有害」という話を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか?実際に、トランス脂肪酸を規制する風潮は世界的にも広がりつつあります。今回は、トランス脂肪酸がどのよ ...

視力の低下を引き起こす「糖尿病黄斑症」と糖尿病の関係は?

「黄斑症」という症状をご存知でしょうか?これは、網膜の中の「黄斑」という部分に生じる視覚障害であり、中でも糖尿病が原因で生じる黄斑症は「糖尿病黄斑症」と呼ばれています。ここでは、糖尿病 ...

食べたいけどカロリーが気になる… カロリー控えめのおやつは?

スーパーマーケットやコンビニに並んでいるおやつを見ると、つい手が伸びてしまうことがあると思います。ですが、おやつはカロリーが気になるという方も少なくないのではないでしょうか?そこで今回 ...

< 一覧へ戻る

Facebook始めました!レシピ集更新中!
ニュースレター登録
糖尿病とうまくつきあう

糖尿病レシピランキング

人気記事

糖尿病コラム

最新記事

PAGETOP