糖尿病コラム

ヨーグルトを食べてインフルエンザ対策! ヨーグルトのインフルエンザ予防効果とは


ヨーグルトも活躍? 腸内環境を整えて、インフルエンザを予防!

前述の基本的な予防法に加えて、普段の食生活でオススメしたいのが、ヨーグルトの摂取。
ヨーグルトと言えば、腸内環境を整え、整腸作用を促す有益菌「ビフィズス菌」が有名ですよね。このビフィズス菌には、インフルエンザウイルスの感染予防効果や、花粉症などのアレルギー症状を緩和する作用が期待されています。

実際、森永乳業ビフィズス菌研究所によれば、65歳以上の高齢者27名に、ビフィズス菌BB536菌末を19週間連続投与したところ、インフルエンザの発症自体や、発症後の38度以上の発熱回数が、ビフィズス菌BB536を摂取していないグループよりも少なくなり、免疫力の上昇が認められたとの報告がされています。

冬から春にかけて流行するインフルエンザ。手洗いやワクチン接種などの予防対策はもちろんですが、手軽に食べられるヨーグルトを普段のおやつなどに取り入れて、インフルエンザに負けない体作りを目指してはいかがでしょう?


参照・参考
厚生労働省│平成28年度 今冬のインフルエンザ総合対策について
厚生労働省│インフルエンザの基礎知識
大人の健康生活ガイド│日本の子どもの腸内菌を調査 ビフィズス菌が豊富で悪玉菌が少ない

1 2 3

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

突然ですが、問題です。

日本人で糖尿病の可能性がある人はどのくらいいるでしょう?
1. 6人にひとり
2. 9人にひとり
3. 13人にひとり

その他の記事

脳卒中予防に効果あり! アミノ酸「タウリン」のメリットとは?

全国の都道府県の中でも、香川県は脳卒中による死亡率が低い県だといわれています。その理由の1つとして、香川県民が昔から親しんでいる「タコ」が関係あるという説があります。タコには、アミノ酸の1種で ...

腎症を予防するウォーキングのポイントとは?

糖尿病の三大合併症である腎症の予防のポイントのひとつが、運動療法です。特に、ウォーキングをはじめとした有酸素運動は血糖値の上昇を抑制し、糖尿病腎症の予防の効果が期待できます。今回はその ...

血糖コントロールの悪化が皮膚病を招く。梅雨の注意点を紹介します

雨が多く、じめじめとする梅雨の時期には、多くの問題が発生しやすくなります。この時期に増殖するカビもその1つ。カビはさまざまな場所に繁殖するだけではなく、皮膚につくことで感染症を発症してしまう可 ...

足がつるのは糖尿病性神経障害のサイン? フットケアの重要性を紹介します

日常生活の中で、よく足がつってしまうことはないでしょうか。足がつるのは誰にも起こる現象ですが、糖尿病患者さんでその頻度が高い場合は、神経障害の可能性があります。糖尿病の合併症の1つであ ...

肥満防止だけじゃない! 注目の栄養成分「スルフォラファン」の効能とは?

ブロッコリーなどの野菜に含まれている「スルフォラファン」は、肥満防止やインスリン抵抗性の改善をはじめ、健康上のさまざまな効果があることで注目を集めている栄養成分です。 今回は、そんな「スルフォラファ ...

間食でも野菜の栄養を! 味よし、体によし、野菜を使ったヘルシーなおやつ

野菜の摂取は健康を維持するうえで大切ですが、実際に十分な量を食べ続けるのは難しいものです。そんなときは、おやつとして野菜を食べてみるのはいかがでしょうか。今回は、野菜を使ったヘルシーなおやつをご紹介し ...

< 一覧へ戻る

Facebook始めました!レシピ集更新中!
ニュースレター登録
糖尿病とうまくつきあう

糖尿病レシピランキング

人気記事

糖尿病コラム

最新記事

PAGETOP