糖尿病コラム

ヨーグルトを食べてインフルエンザ対策! ヨーグルトのインフルエンザ予防効果とは


インフルエンザの今年の流行度はどれくらい?

東京都感染症情報センターによると、インフルエンザとは「インフルエンザウイルスによる呼吸器感染症」のこと。主な感染経路とは、咳やくしゃみによる「飛まつ感染」ですが、ウイルスが付着した手で口や鼻に触れる「接触感染」によっても感染します。感染すると、1~3日の潜伏期間ののち、38度以上の高熱、関節痛、筋肉痛、頭痛、全身倦怠感、食欲不振などの全身症状、それから咳、喉の痛み、鼻水などの呼吸器症状に見舞われます。また、人によっては腰痛や吐き気などの消化器症状があらわれるなど、その症状は多岐にわたります。発症後は、通常、10日前後で症状が落ち着くと言われています。

ちなみに、厚生労働省の「平成28年度 今冬のインフルエンザ総合対策について」の情報によると、インフルエンザの昨年度の推計患者数は1,601万人。今年も、年少者や高齢者だけでなく、全ての年齢層でインフルエンザに注意する必要があるそうです。

この点、インフルエンザ予防法として厚生労働省が推奨しているのが、インフルエンザワクチンの接種です。インフルエンザの流行前に受けておくことで、ある程度感染しにくくなり、かかったとしても重症化を防ぐのに有効なのだそうです。また、インフルエンザにかかったら他の人への「飛まつ感染」や「接触感染」を防ぐため、不織布(ふしょくふ)製マスクを着用し、なるべく人ごみを避けるようにすることも予防につながります。加えて、外出先から帰宅した際には、手洗いやうがいをして、体に付着したウィルスを取り除くことも大切となります。

1 2 3

PR注目記事

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

突然ですが、問題です。

日本人で糖尿病の可能性がある人はどのくらいいるでしょう?
1. 6人にひとり
2. 9人にひとり
3. 13人にひとり

新着糖尿病レシピ

イカの中華炒め

149kcal

5.5g

1.9g

その他の記事

糖尿病と関係がある? 「起立性低血圧」について

「起立性低血圧」という症状をご存知でしょうか? 「立ちくらみ」というと、多くの方がイメージできるのではないかと思います。起立性低血圧は多くの人にとって関係のある症状ですが、起こる原因の一つには糖 ...

新制度も施行。あらためて知っておきたい、フットケアの重要性

2016年から、透析患者さんを対象にした足病のチェックと専門の医療機関への紹介が、新たに診療報酬に加算されることになりました。 こうした医療制度の変更は、入念なフットケアが重要な課題であることを ...

覚えておいてほしい、糖尿病と爪の関係

足の爪は足先を保護する大切な存在ですが、時には爪のトラブルが原因で病気を発症してしまうケースがあります。さらに糖尿病患者さんの場合は、発症した病気が重症化し、深刻な状態となってしまう可能性があります。 ...

糖尿病患者さんは要注意。便秘を予防する工夫とは?

排便が困難、もしくは頻度が少なくなってしまう「便秘」は、多くの人が悩んでいる症状です。 あまり知られていないかもしれませんが、糖尿病の合併症である神経障害は、便秘になってしまう原因の1つです。つまり ...

糖尿病患者さんは要注意! 夏場の熱中症対策を忘れずに

暑い日が続く夏は、熱中症への注意が必要なシーズンです。特に、高齢の方や糖尿病などの慢性疾患のある方は、熱中症になりやすいとされています。また、屋外だけでなく屋内でも熱中症を発症してしまう可能性はあり、 ...

夏は睡眠時間が短くなりやすい! 糖尿病と睡眠の関係性

寝苦しい夜が続く夏は、睡眠不足に陥りやすい季節。厚生労働省が公表している「健康づくりのための睡眠指針2014」では、日の長い季節の睡眠時間は短くなる傾向にあり、反対に日の短い季節では睡眠時間が長くなる ...

< 一覧へ戻る

Facebook始めました!レシピ集更新中!
ニュースレター登録
糖尿病とうまくつきあう

糖尿病レシピランキング

人気記事

糖尿病コラム

最新記事

PAGETOP