糖尿病コラム

ヨーグルトを食べてインフルエンザ対策! ヨーグルトのインフルエンザ予防効果とは


インフルエンザの今年の流行度はどれくらい?

東京都感染症情報センターによると、インフルエンザとは「インフルエンザウイルスによる呼吸器感染症」のこと。感染経路としては、咳やくしゃみによる「飛まつ感染」や、ウイルスが付着した手で口や鼻に触れる「接触感染」があります。感染すると、1~3日の潜伏期間ののち、38度以上の高熱、関節痛、筋肉痛、頭痛、全身倦怠感、食欲不振などの全身症状、それから咳、喉の痛み、鼻水などの呼吸器症状に見舞われます。また、人によっては腰痛や吐き気などの消化器症状があらわれるなど、その症状は多岐にわたります。発症後は、通常、10日前後で症状が落ち着くと言われています。

ちなみに、厚生労働省の「平成28年度 今冬のインフルエンザ総合対策について」の情報によると、インフルエンザの昨年度の推計患者数は1,601万人。今年も、年少者や高齢者だけでなく、全ての年齢層でインフルエンザに注意する必要があるそうです。

この点、インフルエンザ予防法として厚生労働省が推奨しているのが、インフルエンザワクチンの接種です。インフルエンザの流行前に受けておくことで、感染しにくくなり、かかったとしても重症化を防ぐのに有効なのだそうです。また、「飛まつ感染」や「接触感染」を防ぐため、外出時には不織布(ふしょくふ)製マスクを着用し、なるべく人ごみを避けるようにすることも予防につながります。加えて、外出先から帰宅した際には、手洗いやうがいをして、体に付着したウィルスを取り除くことも大切となります。

1 2 3

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

突然ですが、問題です。

日本人で糖尿病の可能性がある人はどのくらいいるでしょう?
1. 6人にひとり
2. 9人にひとり
3. 13人にひとり

その他の記事

歯周病と糖尿病はお互いに影響が?口腔ケアが重要な理由とは

糖尿病の治療や予防には、歯を健康に保つことも大切であることをご存知でしょうか。簡単にイメージするのは難しいかもしれませんが、糖尿病の症状は歯とも深く関わっており、相互に影響をおよぼすことが明ら ...

冬場のお風呂は危険!? 知っておきたい「ヒートショック」のリスクとは?

冬になると、入浴中の死亡事故が増加するのはご存じですか。入浴中の溺死による年間死亡者数は、交通事故による死亡者数を上回るとのデータが出されており、冬場にその危険性が上がるとして注意を呼びかけられていま ...

食感が満足感につながる!? その理由とは

サクサクとした噛みごたえがある食感のものを食べて、「なんだかクセになる」と感じたことはありませんか?実は、食感は「おいしさ」や「満足感」と深く関わっているのです。今回は、食事の ...

糖尿病患者さんが肌のケアを重視しなければならない理由とは?

糖尿病によって生じる様々な影響に注意を払わなければならない糖尿病患者さん。実は、体内だけではなく皮膚に生じるかゆみも、注意しなければいけない要素の1つであることをご存知でしょうか? ここでは糖尿病が ...

栄養豊富?!玄米を食べて、ヘルシーライフを送ろう!

玄米といえば、栄養価が高さや美容効果にあるといわれ近年注目されている食品のひとつです。お菓子などの製品にも玄米を使ったものが増えてきましたが、その健康効果はどのようなものなのでしょうか? 今回は、玄 ...

もうすぐひな祭り!桃の節句にぴったりのヘルシースイーツレシピ

3月3日はひな祭りです。女の子のいる家庭ではひな人形を飾る家や、ちらし寿司などひな祭りの定番料理を食べるなど、ひな祭りをお祝いする家庭も多いのではないでしょうか。今回は、そんなひな祭りに食べたいヘルシ ...

< 一覧へ戻る

Facebook始めました!レシピ集更新中!
ニュースレター登録
糖尿病とうまくつきあう

糖尿病レシピランキング

人気記事

糖尿病コラム

最新記事

PAGETOP