ヨーグルトが糖尿病予防に!? おやつにヨーグルトを取り入れよう!

糖尿病リスクが低下! ヨーグルトに含まれる栄養とは?

ヨーグルトにはカルシウムをはじめ、マグネシウムやカリウムなどの栄養素が含まれています。中でもヨーグルトを作る時にできる乳酸菌発酵液「乳清(ホエイ)」は、特に栄養が豊富。水溶性のたんぱく質や乳糖、水溶性ビタミン、ミネラル分などの栄養素が含まれています。

この乳清、炭水化物を摂取する前に摂取すると、「GLP-1(グルカゴン様ペプチド-1)」という消化管ホルモンの分泌が促されると言われています。このGLP-1はインスリンの分泌を促す作用や、血糖値の上昇につながる「グルカゴン」と呼ばれるホルモンの分泌を抑制する作用があるとされ、食後の血糖値上昇を抑える効果が期待されています。1日28g、約大さじ2と少なめの量でも効果が期待できるそうですが、砂糖なし・低脂肪の乳製品が推奨されています。

1 2 3

注目記事

記事一覧
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑でサラナ」
健康道場「緑でサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

突然ですが、問題です。

日本人で糖尿病の可能性がある人はどのくらいいるでしょう?
1. 6人にひとり
2. 9人にひとり
3. 13人にひとり

>> 正解はこちら
第6回 糖尿病川柳

記事ランキング

カテゴリ一覧

毎週届く 糖尿病関連ニュースレター便利な糖尿病サポートツールもご利用いただけます 糖尿病適応度チェック 16問の質問に答えて、あなたと糖尿病の関係を確認してみませんか?

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病の症状

記事一覧を見る

糖尿病コラム

記事一覧を見る

糖尿病最新情報

記事一覧を見る

糖尿病セルフチェック

記事一覧を見る
予防 体験談 原因 検査 糖尿病 血糖