糖尿病コラム

おやつにいかが? フルーツが持つ高い栄養価をご紹介!


おやつにフルーツが適している理由

フルーツがおやつに適している理由は、主に以下の3つになります。

1.血糖値の上昇が緩やか
2.栄養が豊富
3.カロリーが低い

まず、生の果物の多くには、食物繊維が含まれています。その働きによって、食後の血糖値の急上昇をおさえることができます。また、ビタミンやミネラルが豊富で、カロリーも100kcal前後か、それ以下におさえやすいというのもポイントです。噛む回数も多くなるので、少量でも満足しやすいので、間食を80kcal以下に制限したい糖尿病患者さんや予備群の方にぴったりなのです。

主なフルーツのカロリーと栄養価

ではここから主なフルーツのカロリーと栄養価を紹介していきます。

・りんご

りんごは1個、およそ138kcalです。
りんごは特に皮に栄養が詰まっています。整腸作用があると言われているペクチンや、ポリフェノールも皮の部分に豊富に含まれています。

・みかん

みかんは1個、およそ46kcalです。
みかんは体の調子を整えると言われているビタミンCが特に豊富で、2つ食べれば大人が1日に必要なビタミンCを摂取できます。白い筋には食物繊維も多く含まれているので、薄皮や筋もそのまま食べてもよいでしょう。

・バナナ

バナナは1本あたりのカロリーが、およそ86kcalです。
バナナは低カロリーですが、ビタミンB群やミネラルなど、日常生活で不足しがちな栄養素が含まれているフルーツです。

・キウイ

キウイのカロリーは、1個につきおよそ39.8kcalです。
キウイには体や肌の調子を整えるとされているビタミンCに、抗酸化作用を持つといわれるビタミンEやポリフェノール、整腸作用が期待できる食物繊維など、さまざまな栄養が詰まっています。

・いちご

いちごは7個でおよそ34kcalと、カロリーの低いフルーツです。ビタミンCが豊富に含まれているため、美肌効果や風邪の予防に効果的とされています。
またアントシアニンも多く、目の疲れの予防や回復も期待できます。

・ぶどう

ぶどうは1房177kcalです。ぶどうは皮や種の部分にアントシアニンが豊富に含まれており、目の疲れの予防や回復に効果があるとされています。

1 2 3

PR注目記事

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

突然ですが、問題です。

日本人で糖尿病の可能性がある人はどのくらいいるでしょう?
1. 6人にひとり
2. 9人にひとり
3. 13人にひとり

その他の記事

子供の健康にも影響。妊娠糖尿病の注意点とは?

妊娠中に発症、もしくは妊娠中に見つかった高血糖のことを、「妊娠糖尿病」と呼びます。 妊娠糖尿病は母体への影響のみならず、胎児への影響も無視することができません。 こちらの記事では、妊娠糖尿 ...

揚げ物の注意点を理解して、肥満を予防しましょう

カロリーや脂質が多く含まれる揚げ物は、糖尿病患者さんならずとも食べ過ぎに注意しなければいけない食品の1つです。 しかし、「揚げ物はどれだけ高カロリーなのか」「揚げ物に多く含まれている脂質の種類は ...

今から対策! 季節性うつのリスクとは?

秋から冬にうつる時期は、『季節性うつ』と呼ばれるうつ病を発症する人が多くなります。うつ病と糖尿病は相互に関係していて、うつ病患者さんは糖尿病の発症に、逆に糖尿病患者さんはうつ病の発症に、それぞれ気をつ ...

リバウンドは心血管疾患の発症リスク。ダイエットの注意点とは?

肥満や過体重は、2型糖尿病、脂質異常症、高血圧などの発症リスクを高めます。こうしたリスクを回避するために、肥満や過体重に悩んでいる人は、適正な体重コントロールをすることが重要です。しかし、ダイエットで ...

どうしても食べたい時に! 糖質控えめインスタントラーメン!

時にはどうしても食べたくなってしまうインスタントラーメンですが、糖質が気になる食品のひとつ。でも、我慢しすぎてストレスになっては元も子もありません。そこで今回は、どうしても食べたい時に頼りになる、糖質 ...

どうしても気になるコンビニスイーツ。食べるなら低糖質のものを!

毎週のように新作が登場するコンビニスイーツ。仕事の帰りにふらりと立ち寄り、ついついスイーツコーナーに手が伸びる……という人も多いかもしれません。そこで今回は、コンビニスイーツの上手なつきあい方を紹介い ...

< 一覧へ戻る

Facebook始めました!レシピ集更新中!
ニュースレター登録
糖尿病とうまくつきあう

糖尿病レシピランキング

人気記事

糖尿病コラム

最新記事

PAGETOP